働き方

旅をしながら稼ぐという暮らし方 – 好きなことで生きていく

投稿日:2018年9月12日 更新日:

こんにちは。TAKUTAKU編集部ふずです。みなさん、旅は好きですか?僕は好きです。

「好きなことで生きていく」というと何だか批判の対象になる風潮がありますが、シンプルに考えると、好きなことで生きていけたら、そりゃとても良いですよね。

TAKUTAKUで紹介してきた中で、旅をしながら暮らしているという方が多くいらっしゃるのでまとめて紹介していきます。

旅をしながら稼ぐ人の事例

旅をしながら、アーティストとして働く

旅をしながらアーティストとして稼ぐ

「大事なことのために時間を使う」DIYバンで仕事をしながら旅するカップル

カップルで旅をしながら、訪れた旅先で仕事をしています。彼女はヘナアートという絵を書き、彼は電気工事士で旅先で仕事を請け負っています。

一度旅したところはもう行かずにどんどん新しい場所へと移っていくというコンセプトで旅をしています。

旅をしながら、レンタルで稼ぐ

旅をしながらレンタルで稼ぐ

「人生における優先順位を見直すべき」バンで暮らしながら教師として働く2人の女性

現役教師として働きながら、自分たちの住むバンを貸し出し、収入を得ています。更にはバンの改装のビジネスにも着手しています。

「人生における優先順位を見直すべき。人生を楽しむことは、どれだけお金を稼ぐかよりも大切なことだからです。」と語るふたり。こんな先生に人生について教わりたくなります。

旅をしながら、写真家(フォトグラファー)として働く

旅をしながら、写真家(フォトグラファー)として働く

「大学は合う場所ではなかった」大学を辞めオフロードの世界に飛び込み、写真家兼物流マネージャーとして働く男性

オフロードドライブの魅力に気づき、大学を中退し、現在はオフロードやレースの映像や写真を扱う会社で写真家兼物流マネージャーとして働いています。

まさに「好きなことで生きていく」ライフスタイルを確立しています。

旅をしながら、映像作家として働く

「大事なのは映画を撮ること。屋根があれば十分」バンをスタジオ兼住居として生活する男性

バンをスタジオとして使いながら生活するドキュメンタリー映像作家。「大事なのは映画を撮ること」でそれ以外にはない。という人生の目標をとてもシンプルに設定した生き方をしています。

旅をしながら、サイト運営で稼ぐ

「様々な場所で朝を迎えられる」旅をしながら自由な生き方を追求するカップル

自身のバンライフを公開するサイトを運営することで旅をしながら生活をしています。「様々な場所で朝を迎えられる」という生活は想像するだけで憧れの気持ちが出てきます。

「好きなことで生きていく」って素晴らしいですね。

旅をしながら、Webデザイナーとして働く

旅をしながらWebデザイナーとして働く

「9時から5時の仕事に違和感」1500ドルで購入したバンで生活するカップル

仕事の時間に縛られた生活に違和感を感じ、バンでの生活に移行。フリーでWebデザイナーとして仕事をしながら、ブログでアフィリエイト収入を得て、収入が支出を上回る生活をしています。

自分の望む生活に向けてコツコツと積み上げている姿が素晴らしいです。

旅をしながら、Webエンジニアとして働く

旅をしながらWebエンジニアとして働く

「立ち止まって考えすぎない」自由に旅をする生活へのシフトをしたカップル

バンで生活し始めて、はじめの3年間は連絡を頻繁に取らなければいけない状況だったが、ゆっくりと旅に重点を置いた生活に移行。「あなたがやりたいと思っていることは全て可能」という言葉に勇気がわきます。

旅をしながら、旅行企画で稼ぐ

旅をしながら旅行企画で稼ぐ

「どんな状況であれ最高に楽しむこと」バスでホステルを経営するカップル

なんと、バス型のホステルを経営しています。2年間の準備と計画を経て夢を叶えました。山へハイキングに行ったり、湖で泳いだり、スノーボード、マウンテンバイクなどのスポーツをしたり、ボールゲームをしたりと、まさに好きなことで人生を謳歌しています。

旅をしながら、移動販売で稼ぐ

旅をしながら移動販売で稼ぐ

「可能な限り夢を追うべき」コーヒーショップを開きながらスクールバスで暮らす男性

バスで生活しながら、小さなバンでコーヒーショップを開き、色々な場所で販売をしています。

「人生は短い、だからあなたの夢を大切に」という言葉が身にしみます。

旅をしながら好きなことで稼ぐ方法

旅をしながら稼ぐ方法は上記のように様々な方法があります。

旅しながら働くのに、一番王道で事例の多かったものはWebデザイナー・Webエンジニアで、次いでフォトグラファーのような印象でした。

WebデザイナーやWebエンジニアは仕事が多くあり、それに加えてWeb上で仕事を探すことができるというのも実現しやすいポイントのようです。

旅をしながら稼ぎたいという方は、その未来に向けて一歩踏み出してみましょう。

WebデザイナーやWebエンジニアはオンラインの学習サービスなども充実しています。

私自身も下記のUdemyでプログラミングコース(Ruby on Rails)をいくつか受講した後、企業の仕事を受けることができました。もちろんオンライン学習だけでなく他にも勉強はしましたが、全くの未経験からWeb制作に携われるようになりました。オンライン受講は費用も比較的お値打ちだし、本で見るより分かりやすいのでおすすめです。同じコースを2,3回繰り返すと身についた気がします。

こまめに時間を取ることができないという方は、下記のようなWebデザイン・プログラム等のブートキャンプでまとまった時間をとって受けてみるのも良いかと思います。運転免許合宿のWebデザイナー・エンジニア版みたいなイメージです。(ちょっと違うかもw)

まとめ

上記のような、「旅をしながら好きなことで稼ぐ暮らし」を本当にできるのか?と言われると分からないですが、実現しているどの人にも共通していることは「やってみないと分からないからやってみよう」ということでした。

ぜひ一歩踏み出してみましょう。

バンでコーヒーの移動販売

-働き方

執筆者:

関連記事

放浪書房-タイムアドベンチャーレコード

放浪書房の小商い 〜タイムアドベンチャーレコード〜

本の人力移動販売を行う「放浪書房」は関連する小商いを複数行うことで稼ぎを作っています。それらの小商いについて知ると、今の放浪書房の状況や、放浪書房の想いの部分が伝わると思います。 第1回:旅する本屋「 …

放浪書房

旅する本屋「放浪書房」〜革のトランクを1個買って始めた〜

Photo by 放浪書房 旅をしながら、旅先で仕入れた本を売り歩く。”人力移動型”の一風変わった本屋「放浪書房」を行う富永さん(通称:とみーさん)にお話を伺いました。 現在連 …

石ぱくたそ

心が温まるお金の稼ぎ方 – ゼロからイチを生み出す

こんにちは。TAKUTAKU編集部ふずです。 今日はお金を稼いだ事例を紹介します。お金の事例といってもギスギスしたものでなくて、心に少し刺さるものがある、「自分も考えてみよう」「こんなことしてみたい」 …