バン

「大事なのは映画を撮ること。屋根があれば十分」バンをスタジオ兼住居として生活する男性

投稿日:

バンをスタジオとして使いながら生活するドキュメンタリー映像作家のリヴァイ。

子どもの頃から父親に連れられて車で出かけていたリヴァイにとって、車で冒険に出ることは夢でした。お金をなんとか工面して大きな車を買い、旅に出ることにしました。オフロードを走ることが多いのでタイヤはできるだけ丈夫なものを選びました。

大事なのは映画を撮ること。目的をできるだけシンプルに見定めれば、活動の多くは外で行うので屋根があればそれで十分でした。

あまり街で生活することがないので仕事に必要な環境をできるだけ車に整備しています。

ドアを開けたらすぐに撮影機材を詰めたバッグを出せるようにしています。冒険に必要な登山道具もあります。ロープは車が道にハマってしまったときにも役立ちました。一脚や三脚はそこらへんに放り出しています。

自分好みに木の板で壁を舗装したり、LED照明の屋根を付けました。船が好きで帆船のアクセサリを飾っています。船の撮影に行こうと考えています。後ろの収納スペースはちらかっていて見せるのが恥ずかしいです。自転車や水のタンクを入れています。

私たちは無自覚ながら出来ることと出来ないことについて、そして自分がどこから来たのか、あるいは眼前にあるチャンスについて、自分自身に語りかけています。それらを見出して挑戦してください。異なるアプローチを見つければ困難が楽しいものへと変わります。苦難はただのおまけです。困難を乗り越えたとき、大きな喜びと楽しさに出会います

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

 

映像制作しながらバンで生活する

-バン

執筆者:

関連記事

ワーゲンバン

「自分たちのしていることに自信を持っている」バンで旅しながら暮らすカップル

トニーとフランシーのカップルはバンに乗って長い旅をする生活を送っています。二人はこれまで日本、フィリピン、アメリカを旅しました。 Dylan Magaster トニーは以前はアマゾンで働いていました。 …

シェフのバンライフ

ミシュラン獲得のシェフが料理の可能性を広げるために始めたバンライフ

エリックとリザはプロのシェフとしてミシュランで星を獲得したレストランなどで働いた経験を持ち、また、料理の講師もしていました。 料理の素材について、より知識を深めたいと思っていた二人は、実際に農場を訪ね …

「仕事の都合で引越す生活にストレス」持ち家を売ってバンライフを選んだカップル

アダムとヴァネッサのカナダ人の夫妻はキャンピングカーで生活しながら、これまで北米中を旅してきました。 Exploring Alternatives 二人はそれまで素晴らしい家に住み、結婚して仕事も軌道 …

シャワー付きのバン

「週末の2日間だけ将来のことを考えてみて」シャワー付きのバンで働きながら生活するカップル

アイトールとライアのスペイン人カップルは、スペイン、カタルーニャを中心としてでバンで旅する生活を送っています。 Dylan Magaster アイトールはウェブデザインのかたわらウエイターの仕事してお …