みんなのタイニーハウス

「多くの自由とお金の余裕が生まれた」17,000ドルでタイニーハウスをDIYしたカップル

投稿日:

ノースカロライナ州、アッシュビル。デイビッドとキャサリンのカップルはDIYでタイニーハウスを建てました。この家で暮らし始めて18か月になります。

学費に加えて高い賃貸料を払うのを避けてDIYによるタイニーハウスを建てることを考えました。自由を求めていたこともここに至った理由のひとつです。建築の過程は、教育的だったと振り返るふたり。キャサリンの親が持っていた敷地と道具を借りてこの家を建てました。

家の約80%はリサイクル材を用いています。15分ほどの場所にリサイクル材を取り扱う場所があってそこで多くのものを仕入れました。利用可能な様々な材料を組み合わせてこの家はできました。

素朴な木のキャビンのような内装。サイズは2.5m×6mです。それぞれの欲しいものがつまっています。いちばん高価な設備は暖房。さらに大きなキッチンがあります。キッチンはデイビッドのこだわりです。シンクもリサイクル材でできています。バスタブはキャサリンのたっての希望で設置しました。

バスルームには多くの収納スペースがあるほか、頭上にはゲストロフト兼オフィスがあります。キャサリンはソファの上では仕事ができないので仕事スペースがほしいと思っていました。そこでこのロフトです。本棚もあります。植物が居心地の良さを増してくれます。この場所からは家の中全体を見渡すことができて、キャサリンお気に入りの場所です。

向かい側にあるロフトがベッドルームです。衣服の収納もここにしています。服の数は大学卒業から1/3ほどの量に減りました。

建築費用は17,000ドル。この家のおかげで多くの自由とお金の余裕が生まれました

家を自分たちで建てたことで愛着もひとしおです。よく聞かれるのがここにずっと暮らすのかということです。ここで永遠に暮らすとは考えていませんが、特にプランがあるわけではありません。一年半暮らしてみて素晴らしいと感じています

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン

 

タイニーハウスをDIYしたカップル

-みんなのタイニーハウス
-,

執筆者:

関連記事

「持続することで目標を達成できる」自然由来の素材を使い、約130万円でオフグリッドの家を作ったカップル

マーティンとゾーイのカップルは南オーストラリア・アデレードにアースシップの家を作りました。 Living Big In A Tiny House アースシップとは1970年代から80年代にかけて建築家 …

タイニーハウスに住む女性

「都会の賃貸料に嫌気がさした」犬や馬とタイニーハウスで生活する女性

ジャッキーは学校を卒業したばかり。いまはカウントリーサイドの小さな家で暮らしています。同居するのはこれまた小さい犬のダーラ。 Living Big In A Tiny House 持続可能性や環境への …

森の中のキャビン

「自然とのつながりを大事にしたい」人里離れた森の中のキャビンで暮らす男性

ワシントン州オリンピア。人里離れた森の中です。建材を運ぶのも大変で道中には川もあります。ジェイコブはそんな場所に家を建てました。彼はこれまで複数の家を建てていますが、このキャビンが初めて建てた家です。 …

「一般的な家の家賃は高額」約800万円で温室付きのタイニーハウスを作った女性

ナターシャは娘を持ったことをきっかけに、生活を大きく変える決断をしました。 車でカナダ中を旅して色々な暮らし方を模索した結果、それまで住んでいたトロントからビクトリアに引っ越すことにしたのですが、そこ …