みんなのタイニーハウス

超クールな真っ黒のタイニーハウス。家族で住めるサイズ。

投稿日:2017年3月27日 更新日:

タイニーハウスと聞くと「狭い家」と感じる人も多いかもしれません。しかし、それは大きな誤解!

タイニーハウスは、「狭い」のではなく、「自分の理想のサイズにできる」という点が一番の魅力です。

今回ご紹介するタイニーハウスは、大きなリビングはもちろん、寝室や仕事の部屋もあり、家族で住むのにも十分なサイズですよ。

真っ黒の超クールでモダンなデザイン。縦13m 横3mです。トラックに積んで持ち上げることができるとのこと。

また、地震にも強い構造とのこと。地震の多い日本では耐震性が高いことは必須ですね。

室内はまず、キッチンやテーブル、大きなソファのあるリビング・ダイニングキッチン。

白と黒を中心にデザインされたとてもクールな室内です。

光を取り込む大きな窓もいい感じです。タイニーハウスですが、大きなテレビがあります。

続いてバスルームとトイレ。透明のシャワールームでラグジュアリーな雰囲気です。スペースは大きくはないですが、適度に空間があり、狭いという印象はありません。

洗面台があるのも嬉しいポイントです。

こちらは仕事部屋。コンパクトなサイズで、集中して仕事ができそうです。将来的には子供部屋になるとのことです。

十分すぎるほどの広さの寝室。タイニーハウスでこのサイズの寝室があるのはすごいですね。

外観も内装もとても洗練されていて、憧れるタイニーハウスです。

このように、タイニーハウスは自分の必要なサイズ・理想のサイズにできるのが魅力です。「本当に自分に必要なのは何か」を考え、自分の暮らしを作り上げていきたいですね。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。→(パトロン)


 

クールな黒のタイニーハウス

-みんなのタイニーハウス

執筆者:

関連記事

タイニーハウス・バン

「家のお金を払うために何年も働くのは不健康」46,000ドルで気ままな生活を送る男性

ジョンはオーストラリアのシドニー郊外のブルーマウンテンでタイニーハウスに住んでいます。彼はバンとタイニーハウスの両方で生活しています。週に3-4日ずつ、それぞれバンとタイニーハウスで暮らしているのです …

「誰かの意見でなく自分の心の声を聞く」掘り出した石で作ったオフグリッドタイニーハウス

ヴィルソンは故郷クロアチアで、石で作ったタイニーハウスに住んでいます。 20歳を過ぎたころに偶然新聞で見かけた石造りの家が印象に残り、その写真を切り抜いてずっと持ち歩いていましたが、ある時自分の土地に …

「経済的な余裕、生活の自由度が叶えられる」ラグジュアリーなタイニーハウスで暮らすカップル

スペンサーとベラ夫妻と娘のエッシャーがカリフォルニア・サンタクルーズに自分たちのタイニーハウスを建てて、2年半ほどになります。 彼らのタイニーハウスは、娘の名前をとってエッシャーと名付けられています。 …

「時間の余裕を作ることができた」約660万円で建てたオフグリッドタイニーハウス

タイニーハウスでの生活を選んだ人々のうち、自然との結びつきを再考したいからという理由を挙げる人はかなりたくさんいます。 カナダ・ブリティッシュコロンビア州でタイニーハウスに住んでいるジェシカもそのよう …