みんなのタイニーハウス

太平洋を望む、個性的なタイニーハウス。好きな場所でよりシンプルな暮らし。

投稿日:2017年3月29日 更新日:

信じられないような家を見つけました。太平洋を一望できる丘の上のロケーションにある家。

自然と共に生活するシンプルなライフスタイル。自分の好きなことに囲まれて暮らす生活です。

外観も室内もとても特徴のある家です。

太平洋を一望できる場所にある家。土地の購入に37,000ドル(約410万円)、建てるのに1,300ドル(約15万円)の家です。

家の中はとても特徴的。本に囲まれたとてもあたたかい空間。このベッドは上から紐で吊って昇降できるシステムです。

そしてなんとも特徴的なのがこのキッチン。家の隣にある石場を掘って作ったキッチンです。
とても個性的な空間ですね。

この家の魅力は自然の力を最大限に活用したオフグリッドな作りな点。

写真は光を取り込むことのできる透明の屋根です。

水は雨水を利用し、夏場は黒く塗られたシリンダーで、太陽の光を利用して水を温めています。冬は室内でやかんを温めながら室内も温めています。

トイレの水はキッチンなどで出た排水などを活用しています。

家の外にはバーベキュースペースやブランコまであります。たまにゴルフボールを太平洋に向けて打ち込んでいるようです。まさに人生を謳歌していますね。

自分の好きな場所に、自分の好きな家を作る。そして自分の好きなことをする。そんな生活を送る方でした。

自然の力を利用して、楽しみながら生活する姿がとても印象的ですね。豊かな暮らしというのはこういった生活のことなんだと思うようなライフスタイルでした。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。→(パトロン)


 

太平洋を望む個性的なタイニーハウス

-みんなのタイニーハウス

執筆者:

関連記事

タイニーハウスに住む家族

「大きな家はたくさんのお金とエネルギーが必要」人生の価値を考え続ける家族のストーリー

ニッキーとジュディは定年を迎えるにあたりタイニーハウスで暮らすという選択をしました。175平方フィートの敷地で、より少ないコスト、より働く量を抑えて生活できるようになりました。ジュディはすでに定年を迎 …

セルフビルドのタイニーハウス

「家のために働いているのではない」タイニーハウスで旅をしながら暮らす女性

タイニーハウスで暮らすジェナ。4年前当時の仕事をやめ映像制作の学校へ通い、ハリウッドのスタジオで働くことに。しかし、その仕事にも行き詰まりを感じるようになりました。 Dylan Magaster 学資 …

火の見櫓で生活するふたり

「違った生き方があるのではないか」火の見やぐらで暮らすふたり

火の見櫓(ひのみやぐら)に住む2人のストーリーです。デザイン重視の奇抜な家のように思いますが、歴史や建物について調べ、実際にその土地に滞在してから建てられています。 ダブニーとアランは火の見櫓に暮らし …

子どもにとってのタイニーハウスとは?

実際のところ、夫婦ふたりでのタイニーハウス生活なら可能だが、子どもができてからのことを考えると躊躇してしまうという方も多いと思います。 そこで今回は子どもとタイニーハウスで暮らすことの魅力と懸念点を、 …