みんなのタイニーハウス

太平洋を望む、個性的なタイニーハウス。好きな場所でよりシンプルな暮らし。

投稿日:2017年3月29日 更新日:

信じられないような家を見つけました。太平洋を一望できる丘の上のロケーションにある家。

自然と共に生活するシンプルなライフスタイル。自分の好きなことに囲まれて暮らす生活です。

外観も室内もとても特徴のある家です。

太平洋を一望できる場所にある家。土地の購入に37,000ドル(約410万円)、建てるのに1,300ドル(約15万円)の家です。

家の中はとても特徴的。本に囲まれたとてもあたたかい空間。このベッドは上から紐で吊って昇降できるシステムです。

そしてなんとも特徴的なのがこのキッチン。家の隣にある石場を掘って作ったキッチンです。
とても個性的な空間ですね。

この家の魅力は自然の力を最大限に活用したオフグリッドな作りな点。

写真は光を取り込むことのできる透明の屋根です。

水は雨水を利用し、夏場は黒く塗られたシリンダーで、太陽の光を利用して水を温めています。冬は室内でやかんを温めながら室内も温めています。

トイレの水はキッチンなどで出た排水などを活用しています。

家の外にはバーベキュースペースやブランコまであります。たまにゴルフボールを太平洋に向けて打ち込んでいるようです。まさに人生を謳歌していますね。

自分の好きな場所に、自分の好きな家を作る。そして自分の好きなことをする。そんな生活を送る方でした。

自然の力を利用して、楽しみながら生活する姿がとても印象的ですね。豊かな暮らしというのはこういった生活のことなんだと思うようなライフスタイルでした。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。→(パトロン)


 

太平洋を望む個性的なタイニーハウス

-みんなのタイニーハウス

執筆者:

関連記事

「違うことを始める良いチャンス」62歳から作り始めたタイニーハウス

ブリジットがタイニーハウスでの生活で気に入っているところは、自分の手で作ったスペースの中にいられる事です。 誰かに「こうしなさい、ああしなさい」と言われることはありません。 そして多くの掃除が必要ない …

TAKUTAKUの提案したい暮らし

「タイニーハウスとは?」でお話したように、TAKUTAKUではタイニーハウスを「人生や暮らしにこだわったからこその選択」だと思っています。 そこで、TAKUTAKUではその「こだわり」が読者により伝わ …

「ミニマムな生活が合う人と合わない人がいる」375万円でタイニーハウスをDIYした家族

ジェレミーとケイシーの夫妻とまだ小さな息子のジャスペンの3人家族は、アメリカ・オクラホマシティーの郊外にあるタイニーハウスで暮らして2年ほどになります。 Living Big In A Tiny Ho …

保護センターにあるタイニーハウス

「独立的な性格なのでこの生活が合っている」動物に囲まれたタイニーハウスで暮らす女性

アメリカ・カリフォルニア州、サンタ・クリタのギボン保護センター。生物学者のガブリエラは、ここに車型のタイニーハウスで暮らしながら働いています。 Living Big In A Tiny House こ …