みんなのタイニーハウス

太平洋を望む、個性的なタイニーハウス。好きな場所でよりシンプルな暮らし。

投稿日:2017年3月29日 更新日:

信じられないような家を見つけました。太平洋を一望できる丘の上のロケーションにある家。

自然と共に生活するシンプルなライフスタイル。自分の好きなことに囲まれて暮らす生活です。

外観も室内もとても特徴のある家です。

太平洋を一望できる場所にある家。土地の購入に37,000ドル(約410万円)、建てるのに1,300ドル(約15万円)の家です。

家の中はとても特徴的。本に囲まれたとてもあたたかい空間。このベッドは上から紐で吊って昇降できるシステムです。

そしてなんとも特徴的なのがこのキッチン。家の隣にある石場を掘って作ったキッチンです。
とても個性的な空間ですね。

この家の魅力は自然の力を最大限に活用したオフグリッドな作りな点。

写真は光を取り込むことのできる透明の屋根です。

水は雨水を利用し、夏場は黒く塗られたシリンダーで、太陽の光を利用して水を温めています。冬は室内でやかんを温めながら室内も温めています。

トイレの水はキッチンなどで出た排水などを活用しています。

家の外にはバーベキュースペースやブランコまであります。たまにゴルフボールを太平洋に向けて打ち込んでいるようです。まさに人生を謳歌していますね。

自分の好きな場所に、自分の好きな家を作る。そして自分の好きなことをする。そんな生活を送る方でした。

自然の力を利用して、楽しみながら生活する姿がとても印象的ですね。豊かな暮らしというのはこういった生活のことなんだと思うようなライフスタイルでした。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。→(パトロン)


 

太平洋を望む個性的なタイニーハウス

-みんなのタイニーハウス

執筆者:

関連記事

オフグリッドタイニーハウス

「大きな家に住む人は必ずしも満足していない」建築士が作ったタイニーハウス

ダグはニュージーランド、ワナカでトレーラーに載ったタイニーハウスで生活しています。彼がタイニーハウスを選んだ主な理由は金銭的なものでした。 ワナカは家賃や物価の高さで有名ですが、ダグも以前は家賃の値上 …

24000ドルのタイニーハウス

8ヶ月かけ、2万4千ドルで手作りしたタイニーハウス

マークは自分のタイニーハウスを建築や大工仕事の経験ゼロから自分で作りました。完成までに8か月、かかった費用はトレーラーや家の建材、建築中の家を置いておく土地の使用料などトータルで24,000ドル(30 …

「自分たちに最適と思えた暮らし」トランスフォーマーのように拡張できる家

ニルヴァーナとガウリ・マの夫妻は、オーストラリア・ニューサウルウェールズ州のベガにある自然豊かな土地にあるタイニーハウスに住んでいます。 二人とも、もうシニア世代にさしかかっている年齢ですが、結婚した …

タイニーハウスの階段03

タイニーハウスの階段とはしご事情。デザインと実用性が大事!

タイニーハウスを作るにあたって重要になるのが「どうロフト空間を使うか」ということだと思います。そしてその肝になるのが「はしご」と「階段」です。 これらをどうするかによって部屋の雰囲気も大きく変わってき …