みんなのタイニーハウス

夢のような、ラグジュアリーなテントでの暮らし

投稿日:2017年3月30日 更新日:

こんな空間がテントの中に広がっているとは想像できませんでした。マンションの部屋よりも広く、居心地が良いのではないかと思うほどのスペースと設備が整っています。

テントと聞くとキャンプのイメージが強いですが、そんなイメージを吹き飛ばすテントです。

外観は「スライム」のよう。Lotus Belleのテントで直径5mとのことです。外にシャワールームが設置されています。

それでは室内を見てみましょう。

室内はすごいです。ベッドやクッション、棚を置いても十分なスペースが余っています。天井が高いのも魅力ですね。私の以前住んでいたマンションはこのテントより全然小さかったです。

しかし、まだ驚くのは早いです。

テント内にはダイニングテーブルやキッチンまでしっかりあります。もちろん冷蔵庫もあります。電力はソーラーパネルでまかなっているそうです。オフグリッドな生活がまた魅力です。

そして私のお気に入りはこのストーブ。とてもコンパクトなサイズです。部屋全体を温めるためのサーキュレーターまでついています。

テントの外に小屋が建ててあります。ここはシャワールーム兼トイレです。こちらはなんと「竹」で作られています。

冬は寒いけど、夏は、信じられないくらい快適のようです。

タイニーハウスでの生活というとモノを減らして質素な暮らしというイメージがありますが、このテントでは、必要十分な設備を備えつつ、かつ人生を楽しくすごすための設備が整っています。

こういったテントでの暮らしが広まれば、人生の選択が広がると思いました。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。→(パトロン)


 

-みんなのタイニーハウス

執筆者:

関連記事

ナチュラルでエコなタイニーハウス

賃貸物件の値上がりをきっかけにタイニーハウス生活へ移ったカップル

カナダのトフィーノ。観光事業の盛り上がりもあり、賃料が大きく値上がりしています。そんな中タイニーハウスで暮らすことで経済的に効率よく暮らしているカップルがいます。 Living Big In A Ti …

アースバッグハウス

「幅広い家の選択肢を紹介する」アースバッグで建てたドームハウス

アースバッグ(Earth Bag)という工法では、砂や土を長い管状の土嚢袋に詰め、それを壁状に積み上げて家を作っていきます。屋根をつけて、家の形ができあがったら、漆喰などを内側と外側に塗って仕上げます …

「色々なことを受け入れゆったり過ごす」タイニーハウスに暮らすヨガの先生

ジェイミーはヨガの講師をしており、彼女のタイニーハウスはヨガのインストラクターたちが集まって作ったコミュニティの敷地の中に建っています。 Living Big In A Tiny House 自然豊か …

Apis Cor

3Dプリンタで24時間で建てられた家。費用約115万円。暮らしが変わるかもしれない。

今回は3Dプリンタによって建てられた家をご紹介します。 3Dプリンタで作られたと言うだけで驚きですが、更に驚くべきことは、この家、たった24時間で建てられたのです。 以下は動画の要約です。 従来の3D …