タイニーハウス

「時間的・金銭的な余裕ができた」シングルマザーの暮らすタイニーハウス

投稿日:

シルヴィはティーンエイジャーの娘と二人暮らしのシングルマザーです。彼女はもともと小さくコンパクトな家が好みで、大きな家に住みたいとはそんなに思わないタイプでした。小ぢんまりしたスペースで、自分の好きな本に囲まれている生活がしたいと思っていました。

更にシングルマザーとなってからは、自分の将来のことをよく考える必要もありました。離婚した時に自分の家がほしいと思いましたが、それは賃貸でなく自分と娘がずっと住むことのできる家である必要があると考えました。

現在シルヴィは43歳で、あと10年以内にはローンを払い終えることができる見通しになっています。

そして彼女はこの家で生活をしている中で、すでに自分の好きなことや旅行を楽しめる自由を手にしています。

タイニーハウスでは掃除や手入れにそんなに時間がかからず、一日の中で彼女が自由に使える時間が以前よりも増えています。あらゆる意味で彼女はとても自由になりました。

大好きな読書をゆっくり楽しんだり旅行に出たりする、時間的・金銭的な余裕ができたのです。

今、余裕のある生活をしていることはとても重要です。娘はあと数年で大学に行くために家を出ていきますが、その時に娘をできるかぎりサポートしてあげたいと思っているので、物理的にも金銭的にも自由でいることはとても大切なのです。

シルヴィはタイニーハウスを終の棲家とするつもりなので、ベッドルームをロフトではなく一階にするなど、年をとってからも快適に住めるように家の間取りを考えました。

ティーンエイジャーの娘のために、ロフトにつくった娘のベッドルームは、戸を閉めて個室になるように配慮してあります。

シルヴィはタイニーハウスに住もうと考えたとき、それを顔見知りだった、娘が所属している乗馬クラブのオーナーたちに相談してみました。

すでにテレビなどでタイニーハウスについて知っていた彼らはとても賛成してくれました。そして、彼らの所有する土地で使っていない場所を貸してくれて、シルヴィの好きに使っていいと言ってくれました。そこにタイニーハウスを置き、電気や水道を通すこともできました。

タイニーハウスに最初に移った時、まずは安心を感じました。そしてすぐに、タイニーハウスに住むことで得られる利益の大きさがわかりました。

シルヴィは、このタイニーハウスのムーブメントがこれから成長していくことを願っています。

色々な自治体がタイニーハウスを受け入れるようになるために、シルヴィたちタイニーハウスに関わっている人たちは働きかけを続けていかなければなりません。

シルヴィの住んでいるカナダ・ケベックではすでにタイニーハウスのコミュニティーが出来つつありますが、それらはまだ小さく、これからもタイニーハウスに関する活動を継続していくことが必要だと考えています。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Exploring Alternatives
TAKUTAKUはExploring Alternativesのパトロンです。(→パトロン

 

シングルマザーのタイニーハウス

-タイニーハウス
-

執筆者:

関連記事

タイニーハウスの法整備

「タイニーハウスの法整備を目指す」組織を設立した二人の女性

今回はカナダ、バンクーバーにthe BC Tiny House Collective(BC=ブリティッシュコロンビア、ブリティッシュコロンビアタイニーハウス共同体)を共同設立した二人の女性を訪ねます。 …

オフグリッドのタイニーハウス

「自然が食べ物を供給してくれる」オフグリッドタイニーハウスを約130万円で建て、パーマカルチャーの農場を営む夫婦

家族が一体となって住んでいる場所の手入れをしていくという点で、タイニーハウスとパーマカルチャーはしばしばセットで語られることがあります。 Living Big In A Tiny House マーレイ …

オフグリッドのタイニーハウス

「小さくすることがより良いデザインかもしれません」オフグリッドの建物で暮らす男性

ジョーダンは大学で建設技術について学び、関心のある持続可能な生活ができる家について専念しようと考えました。 Exploring Alternatives インターネットで情報収集し、未来的な家を建てる …

太平洋を望む個性的なタイニーハウス

太平洋を望む、個性的なタイニーハウス。好きな場所でよりシンプルな暮らし。

信じられないような家を見つけました。太平洋を一望できる丘の上のロケーションにある家。 自然と共に生活するシンプルなライフスタイル。自分の好きなことに囲まれて暮らす生活です。 外観も室内もとても特徴のあ …

理想の家

理想のタイニーハウス討論会 vol.1 ( 1LDK+庭 )

私、編集長は、大きな家というものにうっすらとした疑問を持ちながら日々を過ごし、ある時タイニーハウスを見つけ、何かとても心揺さぶるものがありました。 そして興味を持ちはじめて今はこうしてタイニーハウスの …

\いいね頂けると嬉しいです/
\フォローいただけると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集