みんなのタイニーハウス

趣味の部屋や別荘・小さなお店に!紀州材タイニーハウス 〜G.WORKS〜

投稿日:2017年4月17日 更新日:

こんにちは。編集長のふずです。

先日、和歌山旅行に訪れた際に、ふらっと「G.WORKS」さんのタイニーハウスを見てきましたので、ご紹介いたします。

紀州材タイニーハウス

G.WORKSさんのタイニーハウスは、和歌山県の「龍神材」を中心に紀州の木材を使用しています。

龍神材や紀州材には下記のような特徴があります。

和歌山県の山間部に位置する田辺市龍神村は昼夜の寒暖差が激しく、雨や霧が多いという気候から、 よく締まって密度の高い、強い木材が産出します。樹脂性が多く、色ツヤも抜群。
さらに広い範囲で育まれる紀州材は、昔から「紀州・木の国」と呼ばれていただけあって、強度・色合い・目合いの良い優れた木材であると高く評価されています。

板倉造り板屋根タイプ

紀州材タイニーハウス-G.WORKS
日本古来の伝統構法の板を積み上げて造る「板倉造り」のタイニーハウス。耐震性にも強い造りです。

遊び心のある外観のタイニーハウスで、中は木のぬくもりを感じる、心穏やかになる空間でした。2.03坪の空間ですが、中はとてもゆったりしていて、十分な広さでした。

小屋の中にあった、G.WORKSさんのチェアもとてもステキ。このタイニーハウスで、このチェアに座って、物思いにふけったり、読書したり、小説を書いたり、モノを作ったりと、多様な楽しみ方のできそうなタイニーハウスです。トラックで運搬して設置できるというサイズもとても魅力。

マルシェタイプ

紀州材タイニーハウス-G.WORKS

小さなお店に最適な、コンパクトなサイズのタイニーハウスです。「タイニーショップ」と呼ぶほうがぴったりかもしれません。

黒の外観に、ちょうどよいサイズの窓がとても愛らしい、お店の人もお客さんも愛着のわくお店ではないでしょうか?

カフェの店舗や、無農薬野菜の販売、手作りパンの販売などにいかがでしょうか?マルシェタイプのタイニーハウスを並べてもかわいいですね。イベント企画されている方などいかがでしょうか?

デッキ付き高床式タイプ

紀州材タイニーハウス-G.WORKS

高床タイプのタイニーハウス。デッキがとても魅力的なタイニーハウスです。大自然の中の川沿いに展示してある、このタイニーハウスのデッキから眺める景色はとても心が落ち着きました

室内に入ることはできませんでしたが、室内にある収納式のデスクと、ロフト風の収納スペースはとても愛らしいです。

秘密基地感のあるタイニーハウス。書斎や別荘、趣味の部屋としていかがでしょうか?アトリエなどとしても良いかもしれません。

オフグリッドタイプ

紀州材タイニーハウス-G.WORKS

2棟連結のタイプの、とてもデザイン性の高いタイニーハウスです。横から見た形もとても斬新。ここに住むだけでオシャレになった気がしてしまうようなデザインでした。

太陽光発電システムも搭載していて、電気のないところでも発電ができます。(このときは昼間だったので電気がついたところは見えませんでした。)

一面をまるまる使った大きな窓が魅力のタイニーハウスです。デッキにテーブルとイスを置いて食事をしたりなど、自然と一体となった暮らしができそうです。別荘としてのご利用はいかがでしょうか?

感想

G.WORKSさんは、イスやテーブルの家具を中心に、木製の様々なアイテムを制作されています。お店に入ると、木のいい匂いとともに、木製のアイテムが出迎えてくれます。

曲線を木でつくったイスはとても目新しく、一目見るだけで、心奪われます。木の魅力が存分に伝わるアイテムです。木という資源を大切にし、資源を生かして家具を作る。資源と幸せを循環させるという言葉もとても印象的です。

ぜひG.WORKSさんのお店に訪れてください。

G.WORKS情報

事業者名 G.WORKS
HP http://www.gworks-web.com/
会社所在地 〒645-0301
和歌山県田辺市龍神村福井493
SNS・ブログ Facebook / ブログ
紀州材タイニーハウス-G.WORKS

-みんなのタイニーハウス

執筆者:

関連記事

タイニーハウスをデザインする

「この家でどんな生活をするのか考えてデザインする」友人宅の裏庭のタイニーハウス

ケスターとナディアはオーストラリアのバイロンベイで、ゼン(禅)スタイルのタイニーハウスを作りました。 Living Big In A Tiny House 以前は二人は普通の大きな家に住み、その家を友 …

「小さな子ども安全に配慮した」ポップアップ式の屋根のDIYタイニーハウス

オーストラリア・バイロンベイにあるベンとナット夫妻のタイニーハウスは、つい最近完成したばかりです。 Living Big In A Tiny House このタイニーハウスが他と違っている一番のポイン …

「一般的な家の家賃は高額」約800万円で温室付きのタイニーハウスを作った女性

ナターシャは娘を持ったことをきっかけに、生活を大きく変える決断をしました。 車でカナダ中を旅して色々な暮らし方を模索した結果、それまで住んでいたトロントからビクトリアに引っ越すことにしたのですが、そこ …

「両親の敷地内に多世代で暮らす」自然の中の約185万円のタイニーハウス

オーストラリアでは、不動産価格は上がり続け、住居費に頭を悩ませる人々は新たな住み方を模索しています。 親世帯と土地をシェアするのもその方法の一つとなっており、家の裏庭にもう一つ住居を建てる人も増えてき …