みんなのタイニーハウス

オフグリッドなタイニーハウスに子供と暮らす家族

投稿日:2017年4月15日 更新日:

リンダとブレンダンさんは「ジプシーワゴン」というタイニーハウスで暮らしています。

以前は20フィートの船に暮らしていました。そういった小さな家で身の回りのものをすべて自分とともに持ち運べる生活スタイルが気に入っていたのです。

リンダの祖父はジプシーのような生活をしていました。そこからインスピレーションを受けました。船での生活や祖父からの影響が今でも根底にあります。

現在は完全にオフグリッドの生活です。ソーラーパネルやプロパンガスのエネルギーを利用して生活しています。また家庭排水を利用して野菜や果物を栽培しています。これもジプシーの知恵です。

Airbnbを利用していて、ゲストを呼ぶときに便利なようにドアにはリモートで開けられるカギを付けました。

家の中は省スペースの知恵が詰まっています。ソファーは広げてベッドにできたり、クローゼットも薄くスペースを取らないような構造になっています。

ロフトは4人くらいが過ごせる広いスペースになっていて、窓から風と光が入ってきます。

友人が作ってくれたテーブルは壁に立てかけられるようになっているので、テーブルを使わないときは大きなスペースを作れます。ダンスでも何でも好きなことができますよ。

インテリアにビンテージ調の塗装をして居心地良いようにしています。コンポストトイレは臭いがせず快適に利用できます。

ハネムーンで一年近く世界を旅しました。素晴らしい経験で視野が広がりました。いまも旅行に出かける計画を立てています。

子どもと旅する時のコツのひとつは子どもが泣き出した時の対処の仕方。そんなときは何でもよいからラッピングしたプレゼントをあげること。高価なものである必要ありません。出店で売っているものをプレゼントしてあげれば、それに夢中で10分や15分くらい時間が経ちますよ。

持ち物を最小限に大きなカバンを持たないこともポイントです。子どもは身の周りにあるものに夢中になります。すぐに落ちている棒を拾ったり何かと手に持ちたがります。たくさんの荷物を持ち運んで何かを子どもにあげようと考える心配はいりません。

翻訳者補足:
YouTubeのコメント欄を見ると動画製作者が次のようにコメントしており、ブレンダン氏が消防士として、リンダ氏が不動産の仕事をしていることが分かります。「he’s a firefighter and she does Real estate 」

翻訳協力者:Aki

※ジプシー…ヨーロッパで生活している移動型民族を指す民族名。転じて、様々な地域や団体を渡り歩く者を比喩する言葉ともなっている。(Wikipedia:ジプシー

今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(パトロン


 

オフグリッドなタイニーハウスに子供と住む家族

-みんなのタイニーハウス
-,

執筆者:

関連記事

オフグリッドのタイニーハウス

「小さくすることがより良いデザインかもしれません」オフグリッドの建物で暮らす男性

ジョーダンは大学で建設技術について学び、関心のある持続可能な生活ができる家について専念しようと考えました。 Exploring Alternatives インターネットで情報収集し、未来的な家を建てる …

オフグリッドタイニーハウス

「自分の手でつくる」20万円で作ったトレーラーでオフグリッド生活をする元プロスノーボーダー

マイク・バシッチの暮らすこの移動する家は3週間で建設しました。8×16の約130平方フィートです。 Stories もともと持っていたもので多くが構成されています。サイドの壁は古い住居から持ってきたも …

DIYタイニーハウス

「掃除は10分」ピザオーブンのあるタイニーハウスをDIYした夫婦

ボブとレベッカは、二人が高校生の時から一緒にいてお互いを知っています。インテリアデザイナーであるレベッカが家のデザインを考え、ボブがそれをDIYで形にしました。 Living Big In A Tin …

TAKUTAKUの提案したい暮らし

「タイニーハウスとは?」でお話したように、TAKUTAKUではタイニーハウスを「人生や暮らしにこだわったからこその選択」だと思っています。 そこで、TAKUTAKUではその「こだわり」が読者により伝わ …