タイニーハウス

靴の形をしたおとぎ話に出てくるようなタイニーハウス

投稿日:2018年9月9日 更新日:

ニュージーランドにあるスティーブとジュディ夫妻のタイニーハウスは、可愛らしいブーツの形をしています。大きなブーツの中に住んでいるようなこのタイニーハウスのデザインは、靴の中に住んでいるおばあさんのおとぎ話を元に作られました。

ワインを飲みながらの何気ない会話の中で、そんな家があったらどうだろうというアイディアが出てきたのですが、そこから何年か経った後でも、そのアイディアを忘れる事はありませんでした。

そこである時、ここできっぱりそのアイディアを忘れるか、それとも思い切って実行してみるかと考えた時に、実際にブーツの形のタイニーハウスを作る方を選んだのです。

ブーツのつま先に当たる部分は、鉄製のフレームを加工して丸いアーチの骨組みを作りましたが、主に船を手掛ける大工をしていた友人がその技術を応用して助けてくれました。

その他にも、ブーツには靴紐を通す穴や、細かい折り目や縫い目などが友人たちの手を借りて忠実に再現されています。

タイニーハウスが建っている土地は、1991年に夫妻が自分たちや子どもたちの安住の地とするために購入したもので、ここに引っ越してきた当時からずっと敷地内でカフェを営んでいます。

このタイニーハウスは1999年から2000年にかけて作られたので、建ってからもうおよそ18年になります。

最初に土地を買った時に建てた家に住んでいるので、このタイニーハウスは住む為のものではなく、夫妻が時々ゆったりした時間を過ごすのに使い、あとは宿泊施設として貸し出しています

主に2人用の隠れ家的なゲストハウスをコンセプトにしており、テレビもインターネットも無く、おとぎ話から出てきたような可愛らしい暖炉や家具のある空間で、ゆっくりと語り合ったり、非日常の時間を過ごしてもらったりすることを目的としています。

スティーブたちはこの他にも、同じ敷地内に二つのナチュラルビルドのタイニーハウスを作っており、そこにもお客さんとして泊まることができます。二つともホビットの家のようなメルヘンにあふれた可愛らしいデザインです。

スティーブとジュディは自分たちのアイディアを次々と形にしています。If it is worthdoing, it is worth doing well.(いやしくもする価値のあることは立派にする価値がある)ということわざがありますが、二人のモットーはこれを少し変えて、If it is worth doing, it is worth doing humorously.(する価値のある事は、ユーモラスにする価値のあるものだ)というものです。

二人は、思い浮かんだものやこんな家があったら素敵だなと思うものを、ただ想像するだけでなく、実際に作って、自分たちはもちろん他の人々にも驚きや喜びを与えてくれています。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン


 

靴の形をしたタイニーハウス

-タイニーハウス

執筆者:

関連記事

リサイクル材で作ったタイニーハウス

「アート作品に情熱と時間をそそごう」リサイクル材を使い、1000ドルでタイニーハウスを作った男性

コーウィン・マンデルはキャラバンをタイニーハウスに改修しました。リサイクル材を使っており費用は1000ドルです。 Living Big In A Tiny House 以前住んでいたところでは、自分が …

火の見櫓で生活するふたり

「違った生き方があるのではないか」火の見やぐらで暮らすふたり

火の見櫓(ひのみやぐら)に住む2人のストーリーです。デザイン重視の奇抜な家のように思いますが、歴史や建物について調べ、実際にその土地に滞在してから建てられています。 ダブニーとアランは火の見櫓に暮らし …

女性のタイニーハウス

「いつも仕事に追われていた」住宅ローンを逃れ、タイニーハウスで豊かな生活を送る女性

タイニーハウスを所有することで仕事に追われる生活から逃れた女性の話です。共感する部分がとても多いです。 以下はこの動画の要約です。 ナタリーはタイニーハウスで暮らし始める前、2軒の家を所有していました …