みんなのタイニーハウス

「大きな家に住む人は必ずしも満足していない」建築士が作ったタイニーハウス

投稿日:2018年8月29日 更新日:

ダグはニュージーランド、ワナカでトレーラーに載ったタイニーハウスで生活しています。彼がタイニーハウスを選んだ主な理由は金銭的なものでした。

ワナカは家賃や物価の高さで有名ですが、ダグも以前は家賃の値上がりが続くことや、それによってなかなか貯金ができないことに悩み、ストレスを感じていました。

ダグは建築士の仕事をしているので、今まで多くの家をデザインし、中には非常に大きな豪邸もありました。そして今度は自分のための小さな家を設計したのです。

小さな家に住んでみたいという考えは、大学を卒業したあたりからずっと持っていました。学生時代に国立公園の自然の中を旅行してまわった時、「これから先、小さな家に住むこともあるかもしれないけれど、大きな世界の広がりはずっと感じていたい」というモットーを心に決めました。

ダグのタイニーハウスはその通りになり、大きな窓からはニュージーランドの美しい自然の広がりを眺めることができます。

ダグは建築士の仕事の中で、大きな家をいくつも見てきましたが、そのような家に住む人たちが必ずしも満足していない事にも気が付きました。大きな家を建てるにはお金がかかり、内装や家具などは自分たちの理想とするものから大きくランクダウンさせなければいけない事も多いからです。

そのような人たちを見て、ダグは小さくても自分を本当に満足させてくれる家のデザインについてずっと考えてきました。

このタイニーハウスは、家の外壁や断熱材に良い物を使ったり、ガラスを二重にしたり、その他床に大きな地図をデザインするなど、彼のこだわりを形にしており、通常のタイニーハウスを作るよりもコストはかかりましたが、それでもとても居心地の良い快適な家になりました。

現在、ダグはワナカ郊外のキャンプ場にタイニーハウスのトレーラーを停めており、ここでは一週間70ドルでトレーラーを停めることができます。

彼のタイニーハウスにはトイレやシャワースペースがちゃんと作ってありますが、それとは別にキャンプ場の設備のトイレや会員となっているスイミングプールのシャワーを使う事もできるので不自由なく生活できます。

ワナカで普通に家やアパートを借りたら、家賃の平均はだいたい一週間で200ドルくらいなので、その半分以下の出費で済んでいることになります。

ワナカは、夏は非常に厚く又冬の寒さも厳しいところですが、家の断熱をしっかりしたり、空気の通り道を計算して窓をつけたりしています。

でも、夏などにそれでも暑いと感じる時には、トレーラーごと森の木の陰などに移動することができるので、そんな風に小回りの利くところもタイニーハウスの便利な点です。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン


 

オフグリッドタイニーハウス

-みんなのタイニーハウス
-

執筆者:

関連記事

タイニーハウスのホテル

「タイニーハウスが集まったホテル」を経営する女性

Tiny Digs(タイニーディグス)はタイニーハウスに泊まれるホテルです。オレゴン州ポートランドの中心部に、タイニーハウスが集まったホテルがあるのです。 今回はこのホテルと、その中の最新のタイニーハ …

タイニーハウスに暮らす家族

「家族と一緒の時間をたくさん持てる」子供とタイニーハウスに暮らす家族

マイカとジェイナ、そして子どものサイラスの3人家族。バーミンガムから仕事の都合でここサンフランシスコに引っ越してきて以来タイニーハウスで暮らしています。サンフランシスコで賃貸に住むには大変な費用がかか …

「電気や水道を引かない完全なオフグリッド」廃材や再利用の材料で作った家

フランシスとマリー夫妻は一人娘を連れて、郊外にあるアースシップ(廃材や再利用の材料を使って自分たちの手で作る家)の家に移り住みました。 この家を買ってから8年ほどは、それまでの都市部の家とここを行き来 …

麻で作った家

「麻で人や環境に優しい家を作る」中皮腫で父を亡くした男性

麻は食べ物、薬、服の繊維、そして燃料にまでなることができる、驚くべき植物ですが、その麻を材料にして作った家を作った家族がいます。 Living Big In A Tiny House マイケルとティフ …