みんなのタイニーハウス

「スポンサーを募って家を建てる」タイニーハウスを自作したシングルマザー

投稿日:

ミシェルはタイニーハウスに暮らすシングルマザーです。彼女の人生は不幸な出来事の連続でした。二度の結婚と離婚を経験し、それまでに建てた二軒の家も離婚の過程で失ってしまいました。

それから13年間シングルマザーとしてぎりぎりの生活を続けてきましたが、子どもが大きくなって大学に行き、独立した後、自分のリタイアメントライフを楽しみにしてきました。

でもそのための十分なプランや資金はなく、リタイア後の人生についてこれまでとは全く違った角度から考えてみた結果、タイニーハウスを建てようと思ったのです。

最初はただ、誰にもとられる心配のない自分だけの家を建てたいと思いタイニーハウスムーブメントに参加してみましたが、そこで彼女は、そこで見聞きしたやり方でタイニーハウスを建てても、結局は彼女が離婚で失った前の二軒の家を建てるのと方法的には同じだと思いました。

だから彼女は、自分なりに方法を考えてみることにしたのです。彼女は老後に全ての支払いが終わっている事を確実にしたかったので現金とスポンサーシップを募って建てることにしました。

それまでぎりぎりの生活をしていたミシェルには手持ちの資金がなかったので、どうにかしてまずお金を貯める方法を考え出す必要がありました。

そこで彼女は、ただで貰った古いRVやドレッサーなどをクレイグスリスト(個人間の物品売買サイト)に出品して資金を貯めました。

業者や友人たちに手伝ってもらったところもありますが、大部分は彼女自身でタイニーハウスを作りました。

スポンサーシップは本で読んだものがヒントを得ましたが、彼女がスポンサーシップについて他の人にアドバイスするとしたらそれは、どんなささやかな協力であってもあなたが本当に必要としているものに共感してくれる人たちを大事にするということです。

今住んでいる他にも新たにタイニーハウスを建てていて、AirbnbやVRBO(バケーションレンタルサービス、参考:http://min-paku.biz/list/vrbo)に貸し出したりして収入につなげたいというプランを持っています。

彼女はタイニーハウスを建てていく過程で、やっと心が許せる気の置けない人間関係を築ける人たちに巡り合えたと言います。

今まで彼女にはそういう温かい交流がありませんでした。ミシェルの両親は幼いころに離婚し彼女は里親に出され、10代の時の養子に出てその養親の家も18歳の時に出ました。養親とは今は疎遠になっています。

法的な家族という形にとらわれなくても温かい人と人との結びつきを感じられるようになりました。

必ずしも法的な結びつきや金銭的な豊かさがなくても、頭が良くなくても、そういった事は今の生活では必要なことではありません。

実際のところタイニーハウスの生活は法律の網目をかいくぐらなければならない事もあるけれど、ミシェルや他の人たちは互いに助け合い、今できる精いっぱいの事をして人生を豊かにしようとしています。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

 

シングルマザーのタイニーハウス

-みんなのタイニーハウス
-

執筆者:

関連記事

タイニーハウスに暮らす家族

「家族と一緒の時間をたくさん持てる」子供とタイニーハウスに暮らす家族

マイカとジェイナ、そして子どものサイラスの3人家族。バーミンガムから仕事の都合でここサンフランシスコに引っ越してきて以来タイニーハウスで暮らしています。サンフランシスコで賃貸に住むには大変な費用がかか …

オフグリッドタイニーハウス

「完璧じゃなくても良い。夢見ることをやめないで」10代から作り始めたオフグリッドタイニーハウス

ティーンエイジャーだったころアウトドアの活動が大好きだったジェシー。夏休みには裏庭にテントを建てて寝泊まりするような少年でした。 Dylan Magaster 10代の終わりに差し掛かりタイニーハウス …

麻で作った家

「麻で人や環境に優しい家を作る」中皮腫で父を亡くした男性

麻は食べ物、薬、服の繊維、そして燃料にまでなることができる、驚くべき植物ですが、その麻を材料にして作った家を作った家族がいます。 Living Big In A Tiny House マイケルとティフ …

保護センターにあるタイニーハウス

「独立的な性格なのでこの生活が合っている」動物に囲まれたタイニーハウスで暮らす女性

アメリカ・カリフォルニア州、サンタ・クリタのギボン保護センター。生物学者のガブリエラは、ここに車型のタイニーハウスで暮らしながら働いています。 Living Big In A Tiny House こ …