バン

「9時から5時の仕事に違和感」1500ドルで購入したバンで生活するカップル

投稿日:

ジェイミーとジョンのカップルは、クロウとミリアという二匹の犬と一緒にバンで旅する生活を送っています。

アメリコーやトリプルC(※AmeriCorps、Civilian Conservation Corps、参考URL:http://www8.cao.go.jp/youth/suisin/jiritu/02/siryo02-3.html )に参加して各地を回って生活する活動を体験したことで、バン生活のイメージを掴みました。

二人は“The 9 to 5 house”(“9時から5時の生活”、一般的なオフィスワークをして郊外の家に帰るという、いわゆる普通の生活)に違和感を覚えていました。子どもを持つ前にこれを最後の機会としてチャレンジしてみようと話し合い、バンで旅する生活を始める決意をしたのです。

そして、身の回りの物を処分してシボレーのバンを中古で1500ドルで購入。Nomi(バンにつけた愛称)は1ガロンで15マイルと、考えていたよりもずっと燃費が良い車でした。

快適な生活が出来るように、およそ8か月という長い時間をかけて改装したり様々な準備をしました。バンを準備していく過程で分かったことは、お金がないからといって諦める必要はないということ。予算が少なくても、その中で必ずできることが見つかります

バンの中で、料理をしたり寝たりできるようにするために、手作りで中を改装しました。改装にあたって、ヨットの部品はキッチン用品などコンパクトに作られているので、便利でした。

貯金はありましたが、フリーランスのウェブデザイナーの仕事をしているので、収入もあります。ブログでのアフィリエイト収入などもあるので、最近は収入が支出を上回ることができました。

二人はブログで、バンでの生活を詳細に紹介しています。車の選び方やバン生活に必要なものなど、ブログに書くにあたって気を付けていることは、なるべく多くの人の参考になるようにするということです。

彼らがバン生活を始めようとしたとき、やはりたくさんのYouTubeやブログを参考にしようとしました。でも個人の生活にスポットを当て過ぎていて、他の人の参考にならなかったり、あまりにも情報が古かったりと、得られる情報は限られていました。

そのため、二人のブログでは普遍性のある、多くの人に共通点を見つけてもらえるものにしようと心がけています。

なぜ多くの人に彼らの生活を知ってもらいたいのかというと、彼らはバンで旅をし、冒険するというそのライフスタイルをとても楽しんでいるからです。

そして、誰でも自分の可能性に気づけたなら、夢を追い求める事が出来るという事、そして可能性は無限であることを知ってほしいからだと言います。

彼らは日々の生活に感じていた違和感から、ある日、一歩踏み出すことを決意しました。あなたも、自分の求めている事を真剣に考えて、やりたい事に向かって毎日小さなステップを積み重ね、コツコツと小さな努力を続けていけば、ある日ふと気がついた時、いつの間にか大きな目標を達成していることに気がつくでしょう。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

 

バンで生活するカップル

-バン
-

執筆者:

関連記事

同性愛の女性のバンライフ

「人生に降りかかることはすべてが贈り物」バンで暮らす同性愛の女性

カリフォルニア州のシャスタ山に住んでいました。そこで2000ドルで売られていたこのバンを見つけました。美しいアクア色で、とても元気が出る色です。すぐ気に入って見つけたその日に買いました。 そしてジョシ …

バンライフ女性

「年に2か月暖かい場所に旅する生活」バンで暮らす女性

アトリがバンで生活を始めてから、仕事の時間を少なくして自由な時間を増やすことができました。生活費も以前のようにはかからなくなり、一人で自立した生活をしながら欲しいものはちゃんと手に入れられています。自 …

キャンパーバン

「自分の人生で最高の時間」38万円で購入したバンで自由な生活を送るカップル

38万円で購入したバンを改修して、北アメリカを旅しながら自由な生活を送るふたりのストーリーです。 下記は動画の要約です。 生活の自由さを求めバンでの旅を始めるようになったケルシーとコービン。 我が家で …

ワーゲンバン

「自分たちのしていることに自信を持っている」バンで旅しながら暮らすカップル

トニーとフランシーのカップルはバンに乗って長い旅をする生活を送っています。二人はこれまで日本、フィリピン、アメリカを旅しました。 Dylan Magaster トニーは以前はアマゾンで働いていました。 …