バン

「夢に向かって立ち止まる必要はない」ヨット暮らしを夢見て、200ドルで改装したバンで暮らす女性

投稿日:

ワシントン州オリンピア。いつかヨットに乗って生活したいと夢見る若い女性ミラがここで車の中で暮らす生活を送っています。

車の中に入ってまず気づくのが木でデザインされた内装です。大工のボーイフレンドに多くを手伝ってもらい作りました。彼に教えてもらって自分でも作業するつもりでしたが、けっきょく私がやったのは彼がつけてくれたマークにそって小さな木のピースを切り出しただけでした。

最初車を手に入れてからこの環境をつくるまでには、自分の所持品を多く処分したり、改装したりと大変でしたが、実際やってみると暮らしていけるものだと感じています。暮らし始めて約3か月になりました。

車で生活する人が多く問題とする駐車スペースの問題は意外と苦労しませんでした。様々なところにチャンスがあるので、とにかく色々な人に話したり情報収集するのが良いかもしれません。友人たちがどこに車を停められるか教えてくれることもありますし、駐車スペースを貸し出すと案内してくれているところもあります。

料理はバックパッカーが使うような小さなストーブがあるのでそれを使っています。シャワーは友人の家のものを借りています。キッチンも友人が貸してくれることがあります。頭の中に友人宅やシャワー・洗濯を使える場所の地図ができあがっていて、その都度、そういった場所を利用させてもらっています。

費用はごくわずかなものでした。車は中古で安く購入。木の内装に200ドルほどかかりました。

いつかヨットで暮らすことは子どもの頃からの夢です。現在21歳ですが、夢に向かって立ち止まる必要はないんだと考えました。最初の第一歩として、車でのタイニーハウスの生活は、新しい生活への移行にぴったりだと思います。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン

 

バンで生活する女性

-バン
-,

執筆者:

関連記事

バン生活で大変なことは?バン生活5週間目カップルの経験談

バンでの生活をはじめて5週間のカップルのエピソードです。バンでの生活を始めたばかりの方の話を聞く機会はあまりないと思いますので、とても参考になります。 タイニーハウス生活の良い面だけでなく、大変な部分 …

ワーゲンバン

「自分たちのしていることに自信を持っている」バンで旅しながら暮らすカップル

トニーとフランシーのカップルはバンに乗って長い旅をする生活を送っています。二人はこれまで日本、フィリピン、アメリカを旅しました。 Dylan Magaster トニーは以前はアマゾンで働いていました。 …

元億万長者のバンライフ

「昔は笑顔でなかった」バンライフへ移った元億万長者

お金持ちの生活から、交通事故を転機に生活を変えた方のストーリーです。 「昔の私の写真は笑顔ではありませんでしたが、いまはいつも笑顔」という言葉が印象的です。 マージはブラジル育ちのシリア人。14歳のと …

シェフのバンライフ

ミシュラン獲得のシェフが料理の可能性を広げるために始めたバンライフ

エリックとリザはプロのシェフとしてミシュランで星を獲得したレストランなどで働いた経験を持ち、また、料理の講師もしていました。 料理の素材について、より知識を深めたいと思っていた二人は、実際に農場を訪ね …