バン

「自分の時間を取れない生活に疑問を抱いた」娘とバンで世界を旅する3人家族

投稿日:

ジェームズとサラの夫妻は娘のステラとペットの犬と、3人と1匹でバンで旅をする生活をしています。

およそ2年前、すでに彼らはニューヨーク州北部で195平方フィートのトレーラーに載ったタイニーハウスを建てて住んでいました。そこでのシンプルな生活も気に入っていましたが、更に旅もできるようにしたいと考えたとき、トレーラーは色々なところを走り回るには不向きなように思えました。

そのためにはバンでの生活が良いだろうと考えていましたが、ゆっくり準備していくことになるだろうと思っていた矢先に、希望通りの中古の車をクレイグスリストで偶然見つけ、思い立ってから数日という思いがけない早さで旅をする準備ができたのです。

二人は、娘が生まれる前は共働きの生活をしていて、お互いの顔を見る時間もあまりないほど忙しい毎日でした。ある時、自分たちの時間をちゃんと取れないような生活に疑問を抱いた二人は、ライフスタイルを大きく変える決心をしたのです。

娘のステラは、前の家も含めてタイニーハウスでの生活しかしたことがありません。もし大きな家に住んでいたら、家の中にはたくさんの物があり、子どもが触りたくなる物も、その中にはきっとあるでしょう。そして家の中ではその度に「触ってはダメ」と言い続けなければいけません。

サラは、あれこれ禁じるのではなく、娘が自分の手でいろいろなものに触れて、探求心を養ってほしいと考えているので、大きな家に住むよりも今の生活の方が娘のためになっていると考えています。

親としての自分たちの行動について自問自答することは、特に他の人と少し違ったことをしようとしている時などは、それはとても普通の事でしょう。サラもそうでしたが、そんな時彼女は他の人に自分の考えを話してみるようにしました。そうすることで彼女は安心を得られ、また元気づけられたのです。

ジェイムスは、ステラをアメリカ中の色々な国立公園に連れていき、ありのままの自然の姿を見せることができる機会があるのはとても素晴らしいことだと考えています。ステラはその中で、彼女の世界に対する視野を広げていくでしょう。また、様々な人に出会い、色々な人たちが作用し合ってこの世界を作っているということを目にするでしょう。

様々な自然の要素に触れ、生きているということはどういうことなのか、真の理解を得ていくでしょう。

子どもを持ったからといって、それは何かを諦めるということにはなりません。人生が変わってしまったとか、一か所で落ち着かなければいけないとか、規範に沿った生き方をしなければいけないと考える必要もないのです。

子どもがいてもあなたはおかしなことも、変わったことも、何でも出来るし、子どももその中から何かを吸収してより良い方向へと成長していくのです。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

 

バンで旅しながら生活

-バン
-, ,

執筆者:

関連記事

バンで生活する女性

「何が幸せで何がそうでないのか」バンで自然の近くで生活する女性

クリスティーがバンでの生活を始めるきっかけは、ある小島での6週間のテント生活でした。クジラを見るためにその生活をしていたのですが、そこにはクマなどの野生動物がたくさんいました。 最初の3日は毎晩一時間 …

シェフのバンライフ

ミシュラン獲得のシェフが料理の可能性を広げるために始めたバンライフ

エリックとリザはプロのシェフとしてミシュランで星を獲得したレストランなどで働いた経験を持ち、また、料理の講師もしていました。 料理の素材について、より知識を深めたいと思っていた二人は、実際に農場を訪ね …

教師のバンライフ

「人生における優先順位を見直すべき」バンで暮らしながら教師として働く2人の女性

レイシーとブリは教師としてフルタイムの仕事をしています。これまでの人生で、学校を卒業し、仕事につき、生活を安定させるというステップまでクリアすることが出来た二人は、次の目標をどんなことにすべきかと考え …

旅をしながら自由な生き方を追求するカップル

「様々な場所で朝を迎えられる」旅をしながら自由な生き方を追求するカップル

ジュリアンとメリッサはこれまで、バンに乗って冬にカナダのモントリオールからメキシコまで旅したり、夏にサーフィンとバン仲間との出会いを求めてカナダのノバスコシアまで旅したりしました。 Exploring …