バン

「普通である必要はない」アパートからバン生活へと切り替えたダイバー

投稿日:

マット・サンダは商業ダイバー。西シアトルで暮らしていたころはアパートに月2,600ドル支払っていました。お金を節約する方法を考えてこのバンを買うことに。費用を一気に削減することができました

様々な車の種類を見て購入するものを検討していたら準備に1年間ほどかかりました。

車の後部にはプロパンの温水シャワーを設置しています。これは導入したかいのあるものでした。汚れた自転車などの道具を洗うのにも便利だし、もちろんシャワーを浴びることもできます。これで3か月くらい使えます。

収納スペースにはマウンテンバイク、インバーター、水のタンク、バッテリーなどがあります。屋根には500ワットのソーラーパネルを備え付けています。

中に入るとまずキッチンスペース。コンロの横には調理台を引き出せます。シンクの蓋も調理台に使えます。コンロの下にもプロパンのタンクがあります。ディーゼルヒーターがあるので寒い日も快適です。

このバンのお気に入りは、折り畳み式のクローゼットです。椅子の下に収納できるのですが、ものを出すときは上に伸ばしてフックにかけるようになっています。

コンポストトイレの導入を検討しています。いまは衣類を入れているスペースに設置できればと考えています。

私のアドバイスは自分のやりたいことをやるということです。予算を決めて自分の必要なものを定める。仕事にウンザリしているなら辞めれば良いです。普通である必要はありません。多くの人はバンで暮らすことは非現実的でバカみたいなことと考えています。だけどやってみないとその生活の自由さを知ることはできません

最初はできるだけ節約することをおすすめします。そして自分が本当にしたいことを見定めたらそれにまっすぐ進んでください。私は21歳ですがいまが一番幸せです。金銭的な意味も含めてとても自由があります。海でも山でもどこにでも行けます。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

 

アパートからバン生活へ

-バン
-

執筆者:

関連記事

バン生活する女性

「5年働いて1年のオフの期間をつくる」バンで暮らし、自由を追求する女性

バンの中で生活暮らす生活を3年間続けている女性のL.J.。 Exploring Alternatives バンで生活する理由の一つはお金の節約。しかしそれ以上に大きな理由は自由です。ひとつの場所に決め …

バンで暮らしながらアパレル会社を運営する男性

「仕事に情熱はなく、気分は滅入っていた」バンで暮らしながらアパレル会社を運営する男性

ジェフは投資銀行で働いていました。とにかくお金をたくさん稼ぐことを考えて毎日働いていました。しかし、そこに情熱はなく、気分は滅入っていました。このまま20代を終えたくない。そう思って仕事をやめ、すべて …

仕事をしながらのバンライフ

「人間的に成長できる」フリーランスフォトグラファーをしながらのバンライフ

事前に十分な貯蓄をし、ウェディングフォトグラファーの仕事をしながらバンで生活をする計画的なふたりの話です。 下記は動画の要約です。 サイモンとシェルビーのカナダ人のカップルはキャンピングカーで暮らして …

デジタルノマドのバンライフ

「立ち止まって考えすぎない」自由に旅をする生活へのシフトをしたカップル

エミリーとコリーのカップルはフォルクスワーゲンのウェストファリアキャンパーのバンで旅をしながら生活しています。 Dylan Magaster 二人はもう5年もバンでの生活を続けています。二人はただシン …