バン

「自分自身を意識することが多くなる」2年間旅しながらバンライフを送る男性

投稿日:

サイモンは北アメリカ大陸を車で旅しながら2年間生活しています。走行距離は10万kmにおよびます。夏に一度帰省して仕事をしていた時期もありますが、ほとんどが旅をしていました。

2年を通じて車での生活に関する知見をたくさん身に着けました。旅の経験を動画に撮ってYouTube(Finding Simon)にアップしたり、訪れた場所の情報を地図にして公開したりしています。これらのものから収入を得ていますが、何より自分のつくったものが、ほかの冒険者たちに役立ててもらえているということが嬉しいです。

もともとの計画としては2年の車生活を終えたら家を買って通常の生活にもどるつもりでした。この生活をしていると困難なこと、不快なことをたくさん経験しました。次第に自分自身の性格、物事への対処の仕方が変化していることに気づきます。日々の困難に挑戦することが自分のライフスタイルになっていたのです。

これからは、セイルボートを使って同じように旅して生活してみようと考えています。いまだに冒険では先が読めないので怖い気持ちはあります。それでもこの生活を続けたいです。

二年前、旅を始めたときはカップルで車の生活をしていました。ぎゅうぎゅうの車の中で良い経験をできましたが結局うまくいきませんでした。この一年は一人旅です。それは全く別次元の旅でした。

ひとりでさみしくないのかとよく尋ねられます。しかし、実際のところ、この生活で恐れるのはひとりがさみしいことよりも自分自身を意識することが多くなることです。自分自身の問題について取り組まなければなりません。それはときにひどく困難なことです。旅の過程で多くの出会いがありました。素晴らしい人たちと出会えたことは旅をしていてよかったと思う大きなポイントです。

旅を通じてキャンプの知恵を多く身に着けたり、各地域の資源の使い方を学びました。私はたくさんリサーチをして、もしものときのプランBをたくさん用意しておきます。それでも基本はノースケジュールで行動するようにしています。

当初の計画ではあらゆる街をめぐることでした。それは全く達成されていなくて、実際のところ旅の方針が大きく変わりました。今はほとんど自然のなかで生活しています。極限の自然環境は素晴らしいです。最近はトイレも茂みのなかで済ませるようになりました。

2年の旅をした経験から言えるアドバイスは、心配しないでいいということです。人は優しいし、世界は美しいです。心配しすぎても困難になるだけです。楽しんでください。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Exploring Alternatives
TAKUTAKUはExploring Alternativesのパトロンです。(→パトロン

 

バンライフ

-バン
-

執筆者:

関連記事

バンで旅しながら生活

「自分の時間を取れない生活に疑問を抱いた」娘とバンで世界を旅する3人家族

ジェームズとサラの夫妻は娘のステラとペットの犬と、3人と1匹でバンで旅をする生活をしています。 Dylan Magaster およそ2年前、すでに彼らはニューヨーク州北部で195平方フィートのトレーラ …

バンでコーヒーの移動販売

小さなバンでコーヒーを移動販売して生活する男性

キャンピングトレーラーやバン、キャンピングカーで旅しながら生活したいときに頭を悩ませるのが「どうやって稼ぐか」ということ。今回はバンでコーヒーを移動販売して生活する男性のストーリーです。 エルリック・ …

バンで生活しながらクライミングをする女性

「次の冒険のために貯金」バンで暮らしながら旅とクライミングを楽しむ女性

ごみ収集所のごみ箱をあさるレナエ。賞味期限切れなどを理由に廃棄された食べ物を探しています。「人間には動物的な勘が備わっています。食べて大丈夫かどうかは臭いや見た目など本能的に判断できます」 Dylan …

耳の聞こえない女性の美しいバンライフ

「地球は私たちに属しているわけではない」耳の聞こえない女性のバンライフ

耳の聞こえない女性モニカ。この動画では彼女の人生についてシェアしてくれます。手話通訳はカーリーです。 Dylan Magaster 高校を卒業してからワシントンDCに引っ越して大学へ通いました。聴覚障 …