バン

「常に追いかけられているようなストレスがあった」バンで生活する大学1年生の女性

投稿日:2017年5月7日 更新日:

ハンナは海洋生物学を学ぶ大学一年生。いまはバンで生活しながら学校に通っています。賃貸物件で暮らすためにはお金を工面するために働かなければならず、自分のしたいことができません。都市部においてバンで暮らすことについて少し不安がありましたがそこまで厳しい大都会というわけではなかったので大丈夫でした。

この食器棚はかつて母が使っていたもので家を感じることができます。ウェールズの伝統工芸でとても気に入っています。

生活で重要な要素として、水と、調理、そして暖房があります。この家は小さなストーブがあってとても役立っています

トイレは外ですましたり、施設のものを借りています。シャワーはジムのものを借りています。なので週5日クライミングをしにジムに通っています。たぶんこの暮らしをしていなければそこまで熱心に通っていなかったと思います。家が小さいのでよく外に出かけるようになりました。

お気に入りは観葉植物たち。ちょっと世話ができなくて枯れてしまったものもあるけれど多くは元気です。引き出しは整理整頓されたことがありません。またシンクの気に入っているところは蓋をできて簡単に隠すことができるところです。ちょっと困っているのは食器を乾かすスペースがないところです。

バン生活の良いところはめんどくさがりに優しいところです。ベッドの上でお茶を飲みながら必要なものにすぐ手が届きます。

今の生活をするまえは自然科学を勉強しながら働いていました。それは常に追いかけられているようなストレスがありました。今はそう働く必要がありません。この生活は素晴らしいと思っているので変える予定はありません。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→The Indie Projects

 

バンで暮らす大学1年生の女性

-バン
-,

執筆者:

関連記事

ワーゲンバン

「自分たちのしていることに自信を持っている」バンで旅しながら暮らすカップル

トニーとフランシーのカップルはバンに乗って長い旅をする生活を送っています。二人はこれまで日本、フィリピン、アメリカを旅しました。 Dylan Magaster トニーは以前はアマゾンで働いていました。 …

タイニーハウスで旅するカップル

「自分で決めた選択肢の中から人生を選ぶ」年に2カ月半漁業で稼ぎ、残りは旅するカップル

コタとアンジェラのカップルは、イギーと名付けたトラックのタイニーハウスで旅をしながら生活しています。 Dylan Magaster コタはもともと旅が好きで、仕事であったり、趣味のクライミングであった …

リモートワークで働くカップル

「穏やかで心落ち着く場所で過ごす」バンで生活しながらリモートワークする元教師・映像関係のカップル

バンに住んでいる人たちをイメージすると、少しの間のお試しの生活をしている人が多いように見えます。1、2年バンに住んだ後は元の家に戻り、普通の生活をするのです。それもまた良いでしょう。 しかしアルマンド …

バンライフ女性

「年に2か月暖かい場所に旅する生活」バンで暮らす女性

アトリがバンで生活を始めてから、仕事の時間を少なくして自由な時間を増やすことができました。生活費も以前のようにはかからなくなり、一人で自立した生活をしながら欲しいものはちゃんと手に入れられています。自 …