バン

約12万5000円で改装したバンで、路上ライブやショーをしながら暮らすミュージシャン

投稿日:2019年2月12日 更新日:

アンソニーはシンガーソングライターをしており、バンの中で生活しながらショーに出演したり、路上でバスキング(路上ライブ)をしたりしています。

彼が暮らしているのは、DIYで改装を施したバンです。

ソーラーパネルやその他の電源などはつけず、車のバッテリーの電力だけで足りる生活をしています。

アウトドア用のプロパンガスのコンロで料理をし、シャワーは会員になっているスポーツジムをトレーニングも兼ねて利用しています。

複雑な配線などがないシンプルなバンなので、内装にリサイクルの材料を多く使ったこともあり、1,500カナダドル(約13万円)ほどで全て用意できました。

また、何かが壊れた時でも修理がとても簡単です。

音楽で生きていくのは簡単なことではなく、アンソニー自身はあまり多くのものを持ちたがらないミニマリストですが、1か月を1,000~1,400カナダドル(約83,000〜12万円)くらいの予算の中でやりくりしなければなりません。

バンで生活していると、ショー出演のために長距離を移動する際のホテル代や交通費、食費など色々な出費を抑えることができます。

収入は、ショーなどへの出演の他に、旅先でバスキングをしています。

ショーの出演依頼がある時は、収入が来ることが確定するのでとても助かります。

4月から9月にかけてはカナダで活動しています。ケベックではこの期間に42本ものショーに出演しました。

寒い時期はカナダでのバンライフはとても厳しいものになるため、南のもっとあたたかい場所に旅をしています。

去年は友人と一緒にアメリカ西海岸を訪れ、そのままカリフォルニア・サンディエゴで3ヶ月ほど滞在しました。

アンソニーが、以前に一般的な仕事をする生活をしていた時には、うまく曲を作ることができませんでした。

よりクリエイティブになれるライフスタイルを模索した結果、以前から憧れていた旅をして暮らしてみようと思い、このバンでの生活を始めました。

生活を変えてから、1年間で8~9曲ものアイディアを思いつくことができました。

アンソニーにとって、バンライフはミュージシャンに必要なひらめきやクリエイティビティを与えてくれるものです。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Exploring Alternatives
TAKUTAKUはExploring Alternativesのパトロンです。(→パトロン

 

-バン
-,

執筆者:

関連記事

映像制作しながらバンで生活する

「大事なのは映画を撮ること。屋根があれば十分」バンをスタジオ兼住居として生活する男性

バンをスタジオとして使いながら生活するドキュメンタリー映像作家のリヴァイ。 Dylan Magaster 子どもの頃から父親に連れられて車で出かけていたリヴァイにとって、車で冒険に出ることは夢でした。 …

クライミングしながらバン生活する男性

「より幸せで健康になった」クライミングをしながらミニマリスト生活をする男性

ロッククライマーのジュリアンはバンで旅をしたり、ときにオフィスとして利用したりして生活しています。 Exploring Alternatives 中古で比較的良い状態のバンを買うことができました。天井 …

バンでコーヒーの移動販売

小さなバンでコーヒーを移動販売して生活する男性

キャンピングトレーラーやバン、キャンピングカーで旅しながら生活したいときに頭を悩ませるのが「どうやって稼ぐか」ということ。今回はバンでコーヒーを移動販売して生活する男性のストーリーです。 エルリック・ …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

\フォローいただけると嬉しいです/