バン

約12万5000円で改装したバンで、路上ライブやショーをしながら暮らすミュージシャン

投稿日:2019年2月12日 更新日:

アンソニーはシンガーソングライターをしており、バンの中で生活しながらショーに出演したり、路上でバスキング(路上ライブ)をしたりしています。

彼が暮らしているのは、DIYで改装を施したバンです。

ソーラーパネルやその他の電源などはつけず、車のバッテリーの電力だけで足りる生活をしています。

アウトドア用のプロパンガスのコンロで料理をし、シャワーは会員になっているスポーツジムをトレーニングも兼ねて利用しています。

複雑な配線などがないシンプルなバンなので、内装にリサイクルの材料を多く使ったこともあり、1,500カナダドル(約13万円)ほどで全て用意できました。

また、何かが壊れた時でも修理がとても簡単です。

音楽で生きていくのは簡単なことではなく、アンソニー自身はあまり多くのものを持ちたがらないミニマリストですが、1か月を1,000~1,400カナダドル(約83,000〜12万円)くらいの予算の中でやりくりしなければなりません。

バンで生活していると、ショー出演のために長距離を移動する際のホテル代や交通費、食費など色々な出費を抑えることができます。

収入は、ショーなどへの出演の他に、旅先でバスキングをしています。

ショーの出演依頼がある時は、収入が来ることが確定するのでとても助かります。

4月から9月にかけてはカナダで活動しています。ケベックではこの期間に42本ものショーに出演しました。

寒い時期はカナダでのバンライフはとても厳しいものになるため、南のもっとあたたかい場所に旅をしています。

去年は友人と一緒にアメリカ西海岸を訪れ、そのままカリフォルニア・サンディエゴで3ヶ月ほど滞在しました。

アンソニーが、以前に一般的な仕事をする生活をしていた時には、うまく曲を作ることができませんでした。

よりクリエイティブになれるライフスタイルを模索した結果、以前から憧れていた旅をして暮らしてみようと思い、このバンでの生活を始めました。

生活を変えてから、1年間で8~9曲ものアイディアを思いつくことができました。

アンソニーにとって、バンライフはミュージシャンに必要なひらめきやクリエイティビティを与えてくれるものです。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Exploring Alternatives
TAKUTAKUはExploring Alternativesのパトロンです。(→パトロン

 

-バン
-,

執筆者:

関連記事

ワーゲンバン

「自分たちのしていることに自信を持っている」バンで旅しながら暮らすカップル

トニーとフランシーのカップルはバンに乗って長い旅をする生活を送っています。二人はこれまで日本、フィリピン、アメリカを旅しました。 Dylan Magaster トニーは以前はアマゾンで働いていました。 …

仕事をしながらのバンライフ

「人間的に成長できる」フリーランスフォトグラファーをしながらのバンライフ

事前に十分な貯蓄をし、ウェディングフォトグラファーの仕事をしながらバンで生活をする計画的なふたりの話です。 下記は動画の要約です。 サイモンとシェルビーのカナダ人のカップルはキャンピングカーで暮らして …

バンで暮らしながらアパレル会社を運営する男性

「仕事に情熱はなく、気分は滅入っていた」バンで暮らしながらアパレル会社を運営する男性

ジェフは投資銀行で働いていました。とにかくお金をたくさん稼ぐことを考えて毎日働いていました。しかし、そこに情熱はなく、気分は滅入っていました。このまま20代を終えたくない。そう思って仕事をやめ、すべて …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

代替サービス・ツール
\フォローいただけると嬉しいです/