バン

「本当にやりたいことに集中できる」約165万円で購入・改装したバンで暮らすカップル

投稿日:

カーティスとヘザーのカップルはバンをDIYで改装してタイニーハウスを作りました。

二人のバンは2006年製の中古車で、約10,000カナダドル(約82.5万円)で購入しましたが、これは車のサイズや種類からすると、かなり安い値段です。

そこから更に10,000カナダドル(約82.5万円)をかけて、ソーラーパネルやベッド、キッチン、収納などを取りつけて中で生活できるように作り替えました。

彼らにはあまり大きな予算がなかったので、リサイクルの材料を多く使いましたが、その多くは家族から貰い受けたり、以前住んでいたアパートメントで使っていたりしたもののリメイクです。

家族や自分たちが過去に使っていたものを身の回りに置いておくことで、自分たちと家族の結びつきや、自分たちのこれまでの歴史を思い起こさせてくれて、とても愛着が湧きます。

新品を買ったものもありますが、そういった物もイケアやホームセンターなどで安く手に入れられるものばかりです。

バンの室内にはソファ兼ベッドとキッチン、簡易式のトイレが備わっています。

二人とも料理が好きなので、キッチンスペースは広くつくってあり、コンロの他にオーブンも使う事ができます。

アートに関わる仕事をしている二人らしく、インテリアは機能性だけでなく見た目の美しさも考えてデザインされています。

また、二人はレイという名前の猫を飼っていますが、その事も、色々な場所や国に身一つで滞在して生活するデジタルノマドではなく、バンで暮らしながら、いわば家ごと移動するという形を選んだ大きな理由でした。

バンでの生活なら、レイをいつでも一緒に連れて移動できるからです。

全てのペットがこのような生活への適性があるわけではないと思いますが、レイの場合は迷子を防止するためのハーネスを嫌がる事もなく、バンライフに適応しています。

レイのために室内の温度にはいつも気を付けており、暖房と冷房どちらも備えています。

二人はグラフィックとウェブのデザインを手がけるビジネスを運営している他、ソーシャルメディアに関するコンサルティングも行っています。

また、カーティスがリリースしたコメディ・アルバムや本のロイヤルティー、ヘザーのアートをECプラットフォームに出品して得られる収益など、一か所だけでなく複数の収入源を持っています。

二人は以前からアーティストとして活動しており、主にコメディのパフォーマンスをしていました。

またヘザーは絵を描き、カーティスは本を書いていました。

普通の住宅に住んでいた時はそれだけの収入では足りないため、接客業の仕事もしていましたが、それは本当に自分がやりたいと思っているものではありませんでした。

家計を見直して生活の規模を徐々に小さくしていく過程で、段々と、旅に出てクリエイティブな生活をしたい、それまでの生活を大きく変えたいという気持ちが大きくなっていき、そこからバンを購入して旅の準備を始めました。

今の生活では、自分の本当にやりたいことに集中することができます。このような生活をしたいと考えている人がいたとしても、その誰もが成功するわけではないでしょう。

カーティスとヘザーも、もしかしたらまた接客業のかつての仕事や生活に戻る可能性はありました。

バンでの暮らしを始めて1年ほど経ちましたが、現在もこの生活を続けていけていることを幸運であると感謝しています。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Exploring Alternatives
TAKUTAKUはExploring Alternativesのパトロンです。(→パトロン

 

-バン

執筆者:

関連記事

バンで暮らす大学1年生の女性

「常に追いかけられているようなストレスがあった」バンで生活する大学1年生の女性

ハンナは海洋生物学を学ぶ大学一年生。いまはバンで生活しながら学校に通っています。賃貸物件で暮らすためにはお金を工面するために働かなければならず、自分のしたいことができません。都市部においてバンで暮らす …

バンでコーヒーの移動販売

小さなバンでコーヒーを移動販売して生活する男性

キャンピングトレーラーやバン、キャンピングカーで旅しながら生活したいときに頭を悩ませるのが「どうやって稼ぐか」ということ。今回はバンでコーヒーを移動販売して生活する男性のストーリーです。 エルリック・ …

アウトドアライフ-バン

「人生をよりシンプルにする」バンでアウトドアライフを追求する男性

ダニーはBigote Bus(口ひげ バス)と名付けたバンで色々なところを回っています。彼の顔のトレードマークとなっている口ひげからつけられた名前です。 Dylan Magaster 彼はキャンプやサ …

「家で過ごす時間は少ないのにローンを払う?」バンを改装して生活する女性

マガリはピックアップトラックの荷台を改装して自分のタイニーハウスを作りました。 コマーシャルダイビングのコースに通うための家を借りて住んでいたのですが、受講期間がまだ残っている中で賃貸の契約が切れてし …