バン

「時間やお金を大切なものに注ぎ込む」バンを家に改修しアウトドアを楽しむ夫婦

投稿日:

ジョーとエミリーは車で旅しながら生活しています。

この生活を始める前は、ジョーは20年以上企業財務の仕事をしていました。エミリーは同様の時間を非営利の仕事に費やしました。それぞれの組織においてシニアのポジションに至り、大きな決断をしました。

家や所持品の多くを売りました。そして機会があるごとにアウトドアに出かけてこれからのことについて考えました。最終的にこの車を購入し家に改修することにしました。

まず車のタイヤをオフロード対応のものに変えました。これは非常に役立っています。冬に雪山へスキーに行くこともできます。

それから後部座席を取り除き、シンクを導入。プロパンガスを調理用に用いています。シャワーもあるし、生活排水を溜めておいて、適切な場所で外に出せる仕組みも作りました。床と壁、天井にしっかり断熱材を入れています。照明は琥珀色のものにしていて、これだと虫が寄り付きません。天井の一部をくりぬいて換気扇を付けました。ベッドはフルサイズです。

車の両サイドから収納スペースに手が届くような設計にしています。これが素晴らしく便利です。屋根にはソーラーパネル。必要とする電力をこれでまかなえます。車の後ろにはアウトドア道具や水のタンクがあります。

以前は週4~5回くらい外食していました。これを週1回に抑えるようにしました。この小さな変化が、7,8年間を通じて大きな節約になりました。意識的にお金を節約して、そのお金をアウトドアのレジャーに使えるようにしました。Amazonでギフトカードを使うようにしたり、スーパーやクレジットカードのポイントを有効活用してお金を貯めました。

お金をためることで、自分の経験することをもっと楽しくできます。自分にとって大切なものに集中してください。意識的に時間やお金といったリソースを自分の大切なものに注ぎ込むのです。他のものに時間やお金を使ってしまわないことをおすすめします。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

 

バンで生活する夫婦

-バン
-,

執筆者:

関連記事

バンで生活する女性

「何が幸せで何がそうでないのか」バンで自然の近くで生活する女性

クリスティーがバンでの生活を始めるきっかけは、ある小島での6週間のテント生活でした。クジラを見るためにその生活をしていたのですが、そこにはクマなどの野生動物がたくさんいました。 最初の3日は毎晩一時間 …

デジタルノマドのバンライフ

「立ち止まって考えすぎない」自由に旅をする生活へのシフトをしたカップル

エミリーとコリーのカップルはフォルクスワーゲンのウェストファリアキャンパーのバンで旅をしながら生活しています。 Dylan Magaster 二人はもう5年もバンでの生活を続けています。二人はただシン …

free teaプロジェクト

「人は調和のとれた存在」Free Tea(無料のお茶)プロジェクトをバンで行う男性

ジュゼッペが10年生活しているタイニーハウスはバスを改装したものですが、彼のタイニーハウスは無料のお茶を訪れた人に提供する空間でもあります。 Dylan Magaster ジュゼッペは子どものころ、家 …