バン

「自分の生き方に疑問を持つようになった」ニュースリポーターを辞め、バンで旅を始めた女性

投稿日:2018年6月15日 更新日:

リズはアメリカNBCニュースでリポーターとして活躍していました。2015年に彼女はパシフィック・クレスト・トレイル(アメリカの長距離自然歩道)を5か月かけて歩き、メキシコからワシントンまで旅をしました。

その後、一度は元のリポーターの仕事に戻りましたが、すぐに自分の生き方について疑問を持つようになりました。彼女は、旅から冒険とは何か、人生とは何か、生きているとはどういうことかを自然の中で学んだと感じたからです。

それからリズは、SNSなどでバンで旅をしながら生活している人たちの様子を調べるようになりました。毎日バンライフについて調べ続け、ある時彼女は、もう十分調べ尽くしたので今度は自分がそのような生活を始めようと決意したのです。

新車のメルセデスのバンを買い、もしもバンでの生活が上手くいかなかった時のためのバックアッププランもちゃんとあるのだと自分に言い聞かせ、とにかく新しい生活に飛び込むことにしました。そしてそこから振り返ることなく、今の生活を続けています。

もしあなたが、人生に大きな変化をもたらしたいと思ったら、自分自身に締切を設けて、それまでにやるべき事を終わらせていくことです。

リズもそのようにしてこの生活を始める準備をしてきました。彼女は4~5か月を期限として、それまで住んでいたアパートメントの契約を整理することや、バンに備え付けておいた方が良い設備を調べるなど、毎月ごとのチェックリストを作り、自身に課した課題を締め切りまでにクリアすることにしていました。

それらの自分に課した課題を、プレッシャーだとは思いませんでした。むしろ、新しい生活に備えて心構えや準備がどんどん出来ていっていると感じました。

旅の間の仕事の問題について聞かれることがありますが、それについてはリズは、彼女からこうしたら良いというようなアドバイスは出来ないと答えます。彼女はニュースリポーターとして7年間のキャリアがあったので、その経験を活かして映像関連の仕事を始めることができましたが、他の人にとっては、それは必ずしも当てはまらず、それぞれ立場や環境が違う中で、みな自分自身で、自分に合った方法を考え出していかなければならないからです。

自分がどんな事について情熱を持っているか書き出してみて、どのようにしたらその仕事をすることができるか、あるいは旅をしながらの生活で続けられるか、考えてみてはどうでしょうか。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン


 

バンライフ

-バン
-,

執筆者:

関連記事

サーファーバン

「やりたいことを実現するには犠牲も必要」サーフィンのためバンで生活するカップル

ペドロとゾロの夫妻は、キャンピングカーのタイニーハウスで旅をしながら暮らしています。 Dylan Magaster ゾロの家族はアフガニスタンからの難民でした。アフガニスタンを離れた後は家族がばらばら …

キャンパーバン

「バンでの旅は自発性を高めてくれる」フルタイムの仕事からバン生活に移ったカップル

ブリタニーとドリューのカップルは、バンで様々なところを旅する生活を送っています。 ブリタニーがこの生活で好きなところは、予約なしてすぐに好きなところに旅立てることです。訪れた先が気に入れば好きなだけ長 …

バンライフ

「自分自身を意識することが多くなる」2年間旅しながらバンライフを送る男性

サイモンは北アメリカ大陸を車で旅しながら2年間生活しています。走行距離は10万kmにおよびます。夏に一度帰省して仕事をしていた時期もありますが、ほとんどが旅をしていました。 Exploring Alt …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

\フォローいただけると嬉しいです/