バン

「一歩踏み出せば自然とあるべき場所に落ち着く」DIYバンで7年間旅を続ける女性(と犬)

投稿日:

アンナは一匹の犬と一緒に、DIYで改装したバンで旅をする生活を送っています。7年もの間旅を続け、5つの大陸での生活を経験しました。

外国の様々な文化、特に医療制度の違いについてたくさん見て回りたいと思っていたからです。その中で、異なる文化の教育や医療の現場で働いたりしてきました。

彼女はバックパックでアフリカや南アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、ヨーロッパにも行きました。それらは主に仕事のためでしたが、旅への情熱というのも常にありました。

彼女は中古で買ったバンを改装してキッチンやベッドを備え付け、住みながら旅を始めましたが、バンに住むという選択肢は旅を続ける生活をしたいという事、自分の住んでいる国の中もまだまだ知らないところを見て回りたいという彼女の希望を実現させてくれるものでした。

アンナは、女性が(ツアーなどではなく)自分自身だけで旅をすることは大事なことだと考えています。女性の一人旅は危険であるとか怖いという意見もありますが、それには少し誤解があると彼女は考えています。アンナ自身が一人で世界中を回ってきて、それはメディアなどが取り上げるほど危険を感じるようなものではないという知識や勇気を持つことができたからです。

バンで一人旅に出ることを不安に思ったときもありましたが、その時彼女はとりあえず踏み出してみました。そして今まで危険を感じたことは言います。

自分自身の力でやってみることは大事です。旅に連れ出してくれる誰か、何かを待っていてはいけないのです。人生で次の瞬間に何が起こるか、誰にもわかりません。

できる機会があるときにしなかったら、それはもう巡ってこないかもしれません。自分に何ができるかということについて、より良い考えを得ることはとても素晴らしいことだと思う。

一度一人で旅に出たら、あなたは誰からも奪い取られることのない勇気を得られるでしょう。そして、自分はどんな能力があるのか、どんなことが出来てどこまでやれるか、知ることができます。

アンナが他の人たちに言いたいことは、リスクをとること、そして外に出てやりたいと夢見ていたことをするべきだということです。

待っていてはいけないのです。人生はあなたのことを待っていてくれないのですから。始める前から全てをわかっている必要はないのです。決断して一歩踏み出せば、物事は自然とあるべき場所に落ち着いてくるものです。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

 

タイニーハウスで旅する女性

-バン

執筆者:

関連記事

バンを低予算で改装し旅に出る

1,700ユーロで購入したバンを12日間で改装し、旅して生活するカップル

イェレナとティボーのカップルは、バンの中で暮らしながらヨーロッパ中を旅しており、今は地中海のコルシカ島に滞在しています。 Dylan Magaster もともとバンライフに興味を持っていた二人ですが、 …

女性一人のバンライフ

「人はやらない言い訳を考えがち」女性一人の旅するバンライフ

ヴィッキーは愛犬のクリオと一緒に、バンで一人旅をしています。旅は一年ほどにもなりますが、彼女は最初からバンで生活することを目指していたわけではありませんでした。 最初はヴィッキーはただ、クリオを連れた …

バンでコーヒーの移動販売

小さなバンでコーヒーを移動販売して生活する男性

キャンピングトレーラーやバン、キャンピングカーで旅しながら生活したいときに頭を悩ませるのが「どうやって稼ぐか」ということ。今回はバンでコーヒーを移動販売して生活する男性のストーリーです。 エルリック・ …

シェフのバンライフ

ミシュラン獲得のシェフが料理の可能性を広げるために始めたバンライフ

エリックとリザはプロのシェフとしてミシュランで星を獲得したレストランなどで働いた経験を持ち、また、料理の講師もしていました。 料理の素材について、より知識を深めたいと思っていた二人は、実際に農場を訪ね …