バン

「バンでの旅は自発性を高めてくれる」フルタイムの仕事からバン生活に移ったカップル

投稿日:2018年8月8日 更新日:

ブリタニーとドリューのカップルは、バンで様々なところを旅する生活を送っています。

ブリタニーがこの生活で好きなところは、予約なしてすぐに好きなところに旅立てることです。訪れた先が気に入れば好きなだけ長くそこに留まることができるし、反対に気に入らなければすぐに次の場所に向かうことができます。

山や海の美しい場所にバンを停めているときは、そこが自分の家と呼べる場所になるのです。

ドリューはこの生活の中で、次に何が起こるか分からないわくわくする感じがとても気に入っています。ガイドブックに載っていなかったり、自分たちが予想していなかったような新しい事を発見していく冒険の旅をしているのです。

彼の祖父母は、ひと夏の休みを全部使って子どもたちをバンで旅に連れて行ったりしており、そこからドリュー自身もバンで旅する生活に親しみを持っていました。

ブリタニーとドリューは大学を卒業する時に出会いました。これから自分の住むところを自由に決められるという中で、二人は車で2週間のロードトリップをしました。

予定を決めずに立ち寄った先で泊り、グランドキャニオンでのキャンプもしました。その体験が忘れられないものとなり、更にロードトリップをして今まで見た事のなかった世界を発見していきたいと思いました。

このバンで旅に出る前は、二人はロサンゼルスで1ベッドルームの小さなアパートメントに住んでフルタイムで仕事をしていました。

ブリタニーは摂食障害に悩む女性をケアする施設で働いていましたが、悩みを抱える人たちを助けるための仕事に全力を注ぎ、彼女自身に心身に疲れを感じていました。

ドリューは高級時計ブランドで働いていました。そこでの経験や仕事を通して出会った人たちとの良い思い出もたくさんありますが、それは彼が自身に思い描いていたキャリアとは少し違っていました。

現在は彼がメインとなって収入を得ており、インターネットを通じて病院のマネジメントの仕事をしているので、旅を続けながら遠隔地でも働くことができています。

彼らの最初のロードトリップでは、アメリカからカナダを縦断しました。

彼らは当初、英語の先生として韓国に住んでみようかと思っていたのですが、両親にそのプランを相談した時に、まだ自分自身の国で知らないところがたくさんあるのを見て回ったらどうかとすすめられ、その時に使っていなかったキャンピングカーも貸してくれたのです。そこから二人の、未知の世界を探求する旅が始まりました。

二人が現在使っているバンは、イギリスで買いました。そこからスウェーデン、ドイツ、クロアチアなどヨーロッパや、アフリカの西サハラなど自分たちの探求心の赴くままに色々なところを旅しました。

バンでの自由な旅は、自分たちの自発性を高めてくれます

ミニマルな生活をしているので、それまで好きだったジュエリー制作や絵などアートを楽しみたい時でも以前住んでいたアパートメントとは違い、すぐ近くに道具を置いておけるわけではありません。

また、言葉の全く通じない土地を旅しているときには孤独を感じることもあります

そのような事も含めて、バンでの旅は彼らの生活を大きく変えてくれました。二人の結びつきもより深くなり、予測していなかった出来事への対処やそこから次の為の計画の仕方など多くの事を学びました。

今はヨーロッパを旅していますが、アメリカに帰っても自分たちの家と呼ぶのはこのバンでの生活なのです。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Exploring Alternatives
TAKUTAKUはExploring Alternativesのパトロンです。(→パトロン


 

キャンパーバン

-バン
-,

執筆者:

関連記事

オフロードの旅

1年のうち半分は働き、残りの期間はバンで妻とオフロードの旅にでる男性

アレックスはノートンという名前のバンで生活しながら旅をしています。妻も一緒に旅をしたり、時には彼女は一人で他の場所にバケーションに行ったりします。 Dylan Magaster 若いころから車をいじる …

同性愛の女性のバンライフ

「人生に降りかかることはすべてが贈り物」バンで暮らす同性愛の女性

カリフォルニア州のシャスタ山に住んでいました。そこで2000ドルで売られていたこのバンを見つけました。美しいアクア色で、とても元気が出る色です。すぐ気に入って見つけたその日に買いました。 そしてジョシ …

シェフのバンライフ

ミシュラン獲得のシェフが料理の可能性を広げるために始めたバンライフ

エリックとリザはプロのシェフとしてミシュランで星を獲得したレストランなどで働いた経験を持ち、また、料理の講師もしていました。 料理の素材について、より知識を深めたいと思っていた二人は、実際に農場を訪ね …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

\フォローいただけると嬉しいです/