バン

「人はやらない言い訳を考えがち」女性一人の旅するバンライフ

投稿日:

ヴィッキーは愛犬のクリオと一緒に、バンで一人旅をしています。旅は一年ほどにもなりますが、彼女は最初からバンで生活することを目指していたわけではありませんでした。

最初はヴィッキーはただ、クリオを連れた旅がしたいと漠然と考えていました。そして、その旅を始めるのも2年以内くらいに出来たら良いかな、というくらいの気持ちでした。

でもある時友人2人と一緒にロードトリップをし、ちょうど友人のうち1人が彼女と同じように旅に出たいという夢を話していました。

その時ヴィッキーはその友人に、独身で特に決まった仕事もないのなら、今すぐに旅に出たらいいのにと勧めました。そしてそれを聞いていたもう1人の友人が今度はヴィッキーに向かって、「君も同じ夢を持っているけれど、それこそ今始める時じゃないか」と言ったのです。

そこから2か月後、彼女は仕事を辞めてノルウェーに旅立ちましたが、その時はまだ普通の車で寝起きしていました。

スカンジナヴィアに2か月ほどかけて旅をした時、そこで仕事を探して留まろうと思いましたが、ふと彼女が欲しいと思っている車とバンではそんなに値段に違いがなく、更に、普通の車よりもスペースの広いバンに乗ればより長く旅ができると気が付いたのです。

途中からバンに乗り換えたヴィッキーは、2か月の予定だった旅を4か月に延長することにしました。そして必要なものがコンパクトにまとめられるバンの生活は予想以上に快適だったので、そこから更に旅を延長して結局半年ほど過ごしました。

その後も、まだまだ旅を続けたいと思っている自分に気が付いたヴィッキーは、本格的にバンを改装してそこで生活をしながら旅をすることにしたのです。

これまでヴィッキーは、同じように旅をしたいけれど、一人旅に不安を持つ女性たちにたくさん会ってきており、彼女たちはヴィッキーに、身の安全は大丈夫か、または安全を確保するにはどうすればいいのかとよく聞かれました。

そんな彼女たちにヴィッキーがアドバイスしたことは、バンでの生活に憧れているのなら、バンを買う前にまずレンタルして旅に出てみて、少しそこで寝泊まりしてみたらいいということでした。

森や山の中で一人で過ごしてみた時にそこで怖いと思うのなら、外で寝泊まりする生活には向いていないということかもしれません。まずは試してみたら、そこから本当に自分のやりたい事が見つかっていくでしょう。

人々はやらない言い訳を考えがちですが、もし本当に何かしたいことがあるのなら、自分の中の恐怖心の声に耳を傾けることを止めて、チャレンジしてみるべきだと思います。

「不思議の国のアリス」の中に、ヴィッキーの大好きな「なんでもない日おめでとう」という一節がありますが、まさにそこに描かれているように、毎日をお誕生日のように大切に祝いながら過ごすべきなのです。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

 

女性一人のバンライフ

-バン
-

執筆者:

関連記事

映像制作しながらバンで生活する

「大事なのは映画を撮ること。屋根があれば十分」バンをスタジオ兼住居として生活する男性

バンをスタジオとして使いながら生活するドキュメンタリー映像作家のリヴァイ。 Dylan Magaster 子どもの頃から父親に連れられて車で出かけていたリヴァイにとって、車で冒険に出ることは夢でした。 …

同性愛の女性のバンライフ

「人生に降りかかることはすべてが贈り物」バンで暮らす同性愛の女性

カリフォルニア州のシャスタ山に住んでいました。そこで2000ドルで売られていたこのバンを見つけました。美しいアクア色で、とても元気が出る色です。すぐ気に入って見つけたその日に買いました。 そしてジョシ …

「本当にやりたいことに集中できる」約165万円で購入・改装したバンで暮らすカップル

カーティスとヘザーのカップルはバンをDIYで改装してタイニーハウスを作りました。 Exploring Alternatives 二人のバンは2006年製の中古車で、約10,000カナダドル(約82.5 …

軍用トラックで生活する2人

「大切なものを選ぶために何かを捨てる」軍用トラックで生活するふたり

マーティンとベサニー。スタンドアップパドルボートレースを楽しんでかつては愛犬とも暮らしていました。犬が亡くなり新しい生活を進むことに。 ホテル住まいではなく、自分たちで自由に移動できる拠点を探しました …