バン

「人間的に成長できる」フリーランスフォトグラファーをしながらのバンライフ

投稿日:2016年12月24日 更新日:

事前に十分な貯蓄をし、ウェディングフォトグラファーの仕事をしながらバンで生活をする計画的なふたりの話です。

下記は動画の要約です。

サイモンとシェルビーのカナダ人のカップルはキャンピングカーで暮らしています。カナダやアメリカなど、ロードトリップをしながら生活しています。犬と一緒に旅をすることをとても楽しんでいます。

仕事をしながらのバンライフ

二人とも冒険旅行が好きで、キャンピングカーで行けるアメリカ大陸だけでなく世界中旅してまわりたいと考えています。

元々はワンルームアパートに住んでいたが、キャンピングカー生活に必要な最低限のもの以外は売ったり譲ったりして処分し、仕事を辞め、新生活を始めました。現在二人はフリーランスのウェディングフォトグラファーをしています。

キャンピングカーで旅に出ようと思った最初のきっかけは、犬とともにアメリカをトラックで横断したという本を読んだことです。

この先2年ほどは、そんなに詳細なプランがあるわけではありません。ウェディングシーズンにはカナダのオンタリオに帰ってウェディングフォトの仕事をしますが、それ以外は西海岸から東海岸まで特に細かいプランは立てずに旅をしています。

この生活を始める前にしっかり貯蓄を作っておいたので、もし旅先で何か問題があったとしても、この生活を続けていく上でそんなに困らないだろうと考えています。

仕事をしながらのバンライフ

中古のキャンピングカーを改装した家は、ソーラーパネルを取り付け、蓄電池もあるので、お湯をわかしたりパソコンを使ったりなどの日常生活には全く支障がありません。

その他にも貯水槽や温水器、排水や換気など生活していく上で必要なものはほとんど整備されています。トイレやシャワー、収納スペースなどコンパクトではありますがちゃんとそろっていて、冷蔵庫や電子レンジなどの家電もあります。

車やそのほかの機械など、生活に直結するものの故障は心配ですが、それよりも冒険の楽しさの方が勝っています

サイモンは、このキャンピングカーで生活していて一番気持ちの良い瞬間は、ビーチや森など自然の中で目覚めコーヒーをいれて外に出て、犬と一緒に散策をしている時だと言っています。

仕事をしながらのバンライフ

キャンピングカーで旅をしながらの生活は毎日が新しく、いつでもどこへでも自由に行けるというあらゆる可能性が常に開かれています。

色々な人々に毎日のように出会う生活は同じところに留まっているよりも、アーティストとして又、人間的にも成長できると感じています。そのすばらしさを考えると、以前の生活に戻りたいと思うことはありません。


 

仕事をしながらのバンライフ

-バン
-,

執筆者:

関連記事

free teaプロジェクト

「人は調和のとれた存在」Free Tea(無料のお茶)プロジェクトをバンで行う男性

ジュゼッペが10年生活しているタイニーハウスはバスを改装したものですが、彼のタイニーハウスは無料のお茶を訪れた人に提供する空間でもあります。 Dylan Magaster ジュゼッペは子どものころ、家 …

バンで生活するカップル

「9時から5時の仕事に違和感」1500ドルで購入したバンで生活するカップル

ジェイミーとジョンのカップルは、クロウとミリアという二匹の犬と一緒にバンで旅する生活を送っています。 Dylan Magaster アメリコーやトリプルC(※AmeriCorps、Civilian C …

バンライフを送るカップル

「車への移行は最高の選択」バンド活動と仕事をしながらバン生活を送るカップル

タイラーとサラのカップルはカナダのバンクーバーで、車生活を2年続けています。年間の家賃が18,000ドルにもおよび、もっと節約できないかと考えた末に今の生活に行きつきました。生活費の大半が家賃に使われ …

デジタルノマドのバンライフ

「立ち止まって考えすぎない」自由に旅をする生活へのシフトをしたカップル

エミリーとコリーのカップルはフォルクスワーゲンのウェストファリアキャンパーのバンで旅をしながら生活しています。 Dylan Magaster 二人はもう5年もバンでの生活を続けています。二人はただシン …