バン

DIYバンでチャイを売るビジネスをしながらカナダを旅するカップル

投稿日:

エイモンとベックはバンを改装したタイニーハウスに住んで、カナダ中を旅しながら生活しています。固定の住所に住んでいたら使っていたであろうお金が、自分たちのビジネスに使えているのです。

節約はしていますが、同時に色々なものを発見したり、いろいろなことをしたいと思っています。人生は1回だけしかないので、その中で冒険をしたいという思いもあります。

バンでの生活の一番の魅力は、生活の自由度と柔軟性の高さです。バンに住んでいると、色々な人が見に来たり近寄ってきたりするので、そういう人たちに会ったり、時にはバンを停めている場所から立ち去らないといけなかったり、また、会った人に助けられたり、色々な人との交流がありますが、一般的にみんな良い人ばかりでした。

外の世界を冒険するのと同時にいつでも家に帰ることのできる安心感があって、自分の家にいながら旅を続けられるというところが一番良いところとだと思っています。

二人は、何年かバックパックで旅をしたり働いたりして色々なところを巡りました。ニュージーランドを2か月ほど旅した時にキャンピングカーで生活してみましたが、その体験をとても気に入りました。旅行が終わってからも、キャンピングカーでの生活をもう一度してみたいといつも思っていましたが、その時はタイニーハウスでの生活がどんなものか、どんなことができるのか、はっきりとは分かっていなかったので、そのままトロントでの生活を続けていました。

その後、二人はインドを旅した時に出会ったチャイをとても気に入り、茶葉やスパイスを扱うビジネスを始めました。それをもっと成長させ事業を拡大したいと思ったのですが、出張の時の航空券や滞在費用などがとてもかかり、これでは割に合わないと感じました。

また、トロントで不動産を借りることも少し考えたのですが、トロントの不動産事情は厳しく、特に新規の顧客はあまり歓迎されずに二人も契約を断られたりしていました。

好きなことをしながら、ビジネスをもっと成長させていくためには何かを考え始めた二人は、そこで中古のバンを買ってタイニーハウスに住み始めたのです。

バンでの生活は、二人のビジネスの規模を拡大してくれました。カナダの端から端まで訪ねていき、たくさんのクライアントに会うことができました。もしバンでの生活を選択していなかったら、こんなことは出来なかったでしょう。トロントでの厳しい不動産事情も解決してくれました。それだけでなく、旅が好きな二人にとって、旅を生活にできるというライフスタイルも実現させてくれたのです。

よく、どれくらいの期間この生活を続けるのかと聞かれることがありますが、二人の答えは、この生活がもう十分だと感じるまでと答えます。でも、二人にはまだまだ探求したい場所や出会いがたくさんあります。

あなたがバンで旅する生活に身を置いたなら、たとえソーシャルメディアなどをしていなくてもあなたは外の世界とつながり、色々な人に出会います。二人も、私道に停めさせてくれたりシャワーを貸してくれたり、助けてくれる人たちにたくさん出会うことができました。

バンでの生活は楽しいことばかりではありません。特にカナダの冬は厳しく、寒さのせいで色々なトラブルに見舞われます。自分たちでどうにか解決しなければならないこともありますが、誰かの助けを得ることもたくさんあります。大変なことも含めての旅の中での生活を、二人は楽しんでいます

今回の動画のYouTubeチャンネル→Exploring Alternatives
TAKUTAKUはExploring Alternativesのパトロンです。(→パトロン

 

ビジネスをしながらバンで生活

-バン

執筆者:

関連記事

バンで生活する夫婦

「時間やお金を大切なものに注ぎ込む」バンを家に改修しアウトドアを楽しむ夫婦

ジョーとエミリーは車で旅しながら生活しています。 Dylan Magaster この生活を始める前は、ジョーは20年以上企業財務の仕事をしていました。エミリーは同様の時間を非営利の仕事に費やしました。 …

バンで旅する電気工事士

「サーフィンに没頭する時間を作る」バンで旅しながら働く電気工事士

ジョニーがバンでの生活を始めてから1年半ほどになります。この生活を始めようと思った主な理由は、家賃の高さと趣味に集中したいということでした。 Living Big In A Tiny House 家を …

デジタルノマドのバンライフ

「立ち止まって考えすぎない」自由に旅をする生活へのシフトをしたカップル

エミリーとコリーのカップルはフォルクスワーゲンのウェストファリアキャンパーのバンで旅をしながら生活しています。 Dylan Magaster 二人はもう5年もバンでの生活を続けています。二人はただシン …

バン生活する女性

「5年働いて1年のオフの期間をつくる」バンで暮らし、自由を追求する女性

バンの中で生活暮らす生活を3年間続けている女性のL.J.。 Exploring Alternatives バンで生活する理由の一つはお金の節約。しかしそれ以上に大きな理由は自由です。ひとつの場所に決め …