バン

「地球は私たちに属しているわけではない」耳の聞こえない女性のバンライフ

投稿日:2017年5月29日 更新日:

耳の聞こえない女性モニカ。この動画では彼女の人生についてシェアしてくれます。手話通訳はカーリーです。

高校を卒業してからワシントンDCに引っ越して大学へ通いました。聴覚障碍者のための世界で唯一の大学です。学生、教授、すべてのスタッフが手話を使います。

大学を卒業後、様々な仕事に就きました。9時から17時までの仕事です。ですがそれは私のしたいこととは異なっていて満足できませんでした。

私は1970フォルクスワーゲン バグを持っていました。私はノウハウがありませんでしたが、旅行好きでバンに詳しい父に助言をもらい、座席をとりはらいベッドをつくることにしました。そこからこの生活が始まりました。

いま乗っているベルーギと出会いました。ベジタブルオイルを使って走ることができます。ベッドはベンチになるようになっています。その下は収納スペースになっています。運転席は回転させることができます。

上にも二人分の就寝スペースがあります。頑張れば下に3人寝られるので、バーニング・マンのお祭りのときは5人でここに泊まったこともあります。(→バーニング・マン – Wikipedia

この車に私の必要なものはすべてそろっています。

地球は私たちに属しているわけではありません。私たちが地球のもとにあるのです。

私はいま自分の時間を借りているのだと考えています。これが私の人生で、ムーブメント。これがスタートで、その延長です。

美しい人生で、私が想像した以上のものです。私はひとつの場所にがんじがらめになりたくありません

自分自身の雰囲気(バイブス)が仲間を引き付けます。ネットワークのもとで成長すること、自分の人生に対して情熱的であること、自ら手本を見せることを大切にしています。

ナイル・ディマルコという人がいます。彼は言葉を話せない人たちのために熱心な活動をしています。もし耳の聞こえない子供がいればぜひ彼のウェブサイトを見てほしいです。(→Nyle DiMarco Foundation

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

 

耳の聞こえない女性の美しいバンライフ

-バン
-

執筆者:

関連記事

映像制作しながらバンで生活する

「大事なのは映画を撮ること。屋根があれば十分」バンをスタジオ兼住居として生活する男性

バンをスタジオとして使いながら生活するドキュメンタリー映像作家のリヴァイ。 Dylan Magaster 子どもの頃から父親に連れられて車で出かけていたリヴァイにとって、車で冒険に出ることは夢でした。 …

バンで旅する電気工事士

「サーフィンに没頭する時間を作る」バンで旅しながら働く電気工事士

ジョニーがバンでの生活を始めてから1年半ほどになります。この生活を始めようと思った主な理由は、家賃の高さと趣味に集中したいということでした。 Living Big In A Tiny House 家を …

「仕事の都合で引越す生活にストレス」持ち家を売ってバンライフを選んだカップル

アダムとヴァネッサのカナダ人の夫妻はキャンピングカーで生活しながら、これまで北米中を旅してきました。 Exploring Alternatives 二人はそれまで素晴らしい家に住み、結婚して仕事も軌道 …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

代替サービス・ツール
\フォローいただけると嬉しいです/