みんなのタイニーハウス

「ドキュメンタリーを作る」45,000kmタイニーハウスで旅するカップル

投稿日:

アレクシスとクリスチャンはThe Tiny House Expedition(タイニーハウスの探検旅行、探検隊)というタイニーハウスに住んでいます。これはタイニーハウスの名前というだけでなく、二人が制作しているドキュメンタリーフィルムのプロジェクト全体の名前でもあります。

彼らのタイニーハウスは、おそらく現在世界で一番多くの旅をしているタイニーハウスです。

これまでこのタイニーハウスで合計28,000マイルもの距離を旅してきており、すでに新しい旅のプランも考えています。

タイニーハウスを作った後、それがトレーラーに載っていて移動できるという利点を活かしきれていないケースが多く見られますが、彼らは違います。これまで2年間でアメリカの29の州を旅してきて、今はカナダの田舎にいます。

二人は付き合い始めのころ、車でロードトリップをしたことがありましたが、そこから二人とも旅が大好きであること、もっと旅をする生活をしたいという気持ちを持ったことがきっかけでした。

最初の旅は車にテントを積んでいましたが、どうすればもっと旅と生活とを結び付けられるかを考えた結果、タイニーハウスに住むことにしました。

タイニーハウスに住むという選択肢を考え始めた当時、二人とも、特にアレクシスは人生の大きな節目にいました。

彼女はそのおよそ1年前に離婚を経験し、生活を一新させる機会がないかと思っていました。より冒険に満ちた、より柔軟な生活がしたいと思っていましたし、また、自分の家がほしいとも思っていました。

クリスチャンからタイニーハウスについて教えてもらったアレクシスはその後数か月に渡ってリサーチを続け、その結果、自分の家を建てたい、旅をして各地の色々なコミュニティーを訪ねて回ってみたいと思いました。

そしてそんな旅のドキュメンタリーを作った放送作家はいないのではないかと思った彼女は、それを実行することを決めたのです。

タイニーハウスに住むという事と、旅をするという事はある意味全く別の話です。でも彼らはタイニーハウスで旅のドキュメンタリーを作っていくうちに、旅が本当にライフスタイルそのものになりました。

色々なところを旅して回っていますが、タイニーハウスにいると常に自分の家にいるという安心感があります。

今、二人は新しいドキュメンタリー作品として、タイニーハウスの合法化に向けた啓蒙プログラムを作っています。
タイニーハウスが合法化されて一般的な存在になり、タイニーハウスのコミュニティーが出来るようになるという夢に向けて二人は日々活動を続けています。

彼らがドキュメンタリーフィルムを作ることで、タイニーハウスが一般に広まるきっかけを作れるかもしれないという事に、とてもやりがいを感じています。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン

 

タイニーハウス

-みんなのタイニーハウス

執筆者:

関連記事

「地球環境に優しい生き方を考え直す」リサイクル材で作ったタイニーハウスで暮らす夫婦

ウォーカーとヘザーは、アメリカオレゴン州・ポートランドにある自宅の敷地にタイニーハウスを作りました。 彼らの家は、これは自然界や生物の仕組みのデザインやプロセスを真似たり、そこからヒントを得たりして物 …

「周囲の人に無理に合わせる必要はない」12,000ドルでタイニーハウスをDIYで作ったカップル

現代の社会には、周囲の人と同じことをしなければならないというプレッシャーがあります。 学校を卒業した後は9時-5時の仕事につき、30年の住宅ローンを組むといったような流れに、大勢の人がただ乗っていきま …

ローンを完済しタイニーハウスに住む4人家族

96,000ドルのローンを完済し、タイニーハウスに住む4人家族

ジャービスとジョセリン夫妻は二人の子どもとタイニーハウスに住んでもうじき2年になります。 Exploring Alternatives 二人は、自分たちの生活、ものの消費、支出、そういうものについて考 …

廃材・リサイクル材を使い約17万円で自作したタイニーハウス

タイラーのタイニーハウスは、彼が全て自身の手で作り上げた家です。 実際に家を建てる作業ではもちろん、家族や友人、ガールフレンドなどの大きな手助けがありましたが、デザインや電気、水回りなど全て自分で考え …