バン

「仕事を減らし、生活を楽しむ方法を探す」仕事を辞め、DIYバンで暮らすカップル

投稿日:2018年6月5日 更新日:

マットとアマンダは、以前はサンフランシスコに住んでいました。素晴らしいところで、良い友人もいました。しかし、サンフランシスコの生活費は高すぎました

サンフランシスコで快適な生活を送りたいと思ったら、休みなしで一生働き続けなければなりません。実際そのようにしている人たちも知っていますが、それは幸せな生活には見えませんでした。

二人は、自分たちの生活の規模を小さくし、もう少し仕事の時間を減らして、自分たちの生活を楽しめる方法を見つけられないかを話し合いました。

そんな中、1964年製の古いRVをインターネットで見つけ、そのクラシックな外見と手ごろな価格をとても気に入り、購入してそこで暮らしながら旅をして回る生活を始めたのです。

買ってから車の中で生活できるように必要なパーツを取り付けたりインテリアを改装したりするのは、全てDIYで行いました。

旅を始めてからも、車内の限られたスペースでの生活が出来ていくのに合わせて家具などの置き方を調整していって、自分たちの生活スタイルを作りました。

アマンダがこの生活を始めるにあたって一番勇気が必要だった事の一つは、それまでの仕事を辞める事でした。

彼女はYouTubeで働いていました。多くの人が入りたいと憧れる会社ですし、とても素晴らしいところでしたが、彼女は自分には合わない場所だと思っていました。

そこで特別優れた何かを成し遂げることはできなかったし、クリエイティブな仕事をするために自分を追い込むこともできませんでした。

会社を辞める事はとても怖かったけれど、今は前よりもずっと幸せだと感じています。この恐怖感は誰でも持つものだし、それは自分が変化することをやめさせようとします。この気持ちと戦うことが必要です。

恐怖や不安と戦いながらも新しい生活を始めるためには、あなたは粘り強くいることが必要です。

タイニーハウスでの生活を始めてからお金を貯めて仕事を辞めることもできるし、又は彼らのような生活をしながら同時に仕事を続けることも可能でしょう。

あるいは仕事のスタイルを変えて、旅をしながら単発的に時々仕事をするということもできるでしょう。

どのスタイルが自分に一番合っているか、よく見極める事が必要です。

そして大切なことは、チャレンジすることについて自分の気持ちを常にオープンにしていること、わくわくした気持ちを持ち続けることです。

あなたがどんなに適応力がある人でも、必ず難しい試練だと感じることが出てくるでしょう。RVでの生活は簡単なものではありません。

でも、その試練だと感じたことを乗り越えた先に得られる経験や気持ちは、本当に素晴らしいものです。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン


 

DIYバン

-バン
-,

執筆者:

関連記事

「どこか満たされない気持ちを抱えていた」弁護士と教師の二人が仕事を辞めて始めたバンライフ

ボルダーとパイは大学時代からの親友で、以前から一緒に共通の趣味を楽しんだり、大学や仕事の合間にアメリカやヨーロッパなど色々なところを旅したりしてきました。 Exploring Alternatives …

ロードトリップ

300ドルで買ったランドローバーで9ヶ月かけ、ロンドンからシンガポールまで旅した5人家族

レイとマリーアンの夫妻そして彼らの3人の息子たちの5人は、記録的な長距離のロードトリップをしました。 Exploring Alternatives 2005年、レイたち家族はシンガポールに住んでいまし …

デジタルノマドのバンライフ

「立ち止まって考えすぎない」自由に旅をする生活へのシフトをしたカップル

エミリーとコリーのカップルはフォルクスワーゲンのウェストファリアキャンパーのバンで旅をしながら生活しています。 Dylan Magaster 二人はもう5年もバンでの生活を続けています。二人はただシン …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

代替サービス・ツール
\フォローいただけると嬉しいです/