バン

「生活のペースを落としてゆっくりと楽しむ」アパート生活からバン生活に移ったカップル

投稿日:

ダスティンとナオミは7年前に出会いました。出会ったときから旅の話をたくさんしていました。ニューオーリンズのアパートで生活しながら休みには旅行していました。

カリフォルニアを車で旅したことがきっかけだったように思います。秋のある日、家でナオミはダスティンに話があると切り出しました。バンを買って旅に出る夢を追い求めましょうと言いました。するとダスティンはこう言いました。「ぼくもちょうど同じことを言おうとしてたんだ!」


家財道具を処分してバンを購入
しました。車はパワフルでよく走ってくれます。ヘッドライトはLEDに付け替えました。太陽光発電でパソコンやカメラの電力をまかなっています。車の屋根のうえにキャンプ用品やアウトドア用品を詰めています。

バスケットにはたくさんのフルーツ。車内にコンロやシンクといった調理スペースがあります。スパイスは小さなケースに詰めて、ケースをマグネットで冷蔵庫に張り付けています。

普段はリビングスペースで寝ているのですが、上にもスペースがあって荷物の都合次第で上でも寝られるようにしています。

まず行動してみることをおすすめします。旅を始めたときは必要なものはそろっていなかったり、要らないものをまだ持っていたりしました。行動する中で、生活リズムやなにが必要かが分かります。旅を通じて様々なことを学びました。日々改善してより良い方向へ進んでいます。生活のペースを落としてゆっくりと旅を楽しんでください。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

 

バン生活するカップル

-バン
-

執筆者:

関連記事

バンで旅しながら生活

「自分の時間を取れない生活に疑問を抱いた」娘とバンで世界を旅する3人家族

ジェームズとサラの夫妻は娘のステラとペットの犬と、3人と1匹でバンで旅をする生活をしています。 Dylan Magaster およそ2年前、すでに彼らはニューヨーク州北部で195平方フィートのトレーラ …

「スケジュールを自分で決められる」バンで旅をしながらフリーの映像制作者として働く男性

ポールは1989年製の中古のバンに乗ってロードトリップをしながら生活しています。 以前はアパートメントに住んでいたこともありました。しかし、ある年の冬に、アパートで寝たのは4ヶ月中わずか14日しかない …

耳の聞こえない女性の美しいバンライフ

「地球は私たちに属しているわけではない」耳の聞こえない女性のバンライフ

耳の聞こえない女性モニカ。この動画では彼女の人生についてシェアしてくれます。手話通訳はカーリーです。 Dylan Magaster 高校を卒業してからワシントンDCに引っ越して大学へ通いました。聴覚障 …

free teaプロジェクト

「人は調和のとれた存在」Free Tea(無料のお茶)プロジェクトをバンで行う男性

ジュゼッペが10年生活しているタイニーハウスはバスを改装したものですが、彼のタイニーハウスは無料のお茶を訪れた人に提供する空間でもあります。 Dylan Magaster ジュゼッペは子どものころ、家 …