みんなのタイニーハウス

「みんなで助け合い、資源をシェアしながら生活」1万6千ドルでタイニーハウスを建てたカップル

投稿日:

ブリティッシュコロンビア州のネルソン。サステイナブルな共同体のなかで暮らすカップルがいます。ソフィーとカルロはとてもカラフルなタイニーハウスに住んでいます。

この土地には8人の人が暮らしています。家はそれぞれ別に持ちながらつながりのある生活をしています。みんなで助け合い、資源をシェアしながらの生活です。

旅好きで、旅行先のオーストラリアで出会った二人。タイニーハウスのモノを持たない環境に優しいライフスタイルの考え方には以前から共感するものがありました。

家の建築は友人に頼みました。後から自分たちの好みにあわせて少し改修しています。電源は土地の所有者のところからとって来ていて、水をひく場所もあります。ですがソーラーパネルやプロパンガスもあるのでオフグリッドにも対応可能です。

家の中に入ると意外と広く感じます。天井の高さは13.5フィート。たくさんの窓もあることで、小さな箱の中にいるような印象はありません。

ストーブは小さなものがあるだけですが、それでも家を温めて冬をしのぐには十分です。リビングやキッチンは快適に使えます。

小さなキッチンをうまく使うコツは使ったらすぐに片づけること。食べた後すぐに食器を洗っておけば不自由しません。トイレはコンポストトイレです。ロフトが寝室です。カラフルな飾り付けがしてあります。

ふたりとも音楽が好きなので楽器を色々持っています。好きなものに囲まれていると家の居心地の良さが増します

タイニーハウスでの生活は不自由もなければ、ふたりの関係性にも特に問題は出ませんでした。料理はできるし、くつろいだり寝る場所もあるし、快適な庭もある。何も困ること、不足することはありません。

建築には1万6千ドル。その後改修や、この場所に暮らすお金として5000ドルほど使っています。

今後は大陸の南側へ旅に出て、タイニーハウスの建築や食べ物の育て方について学ぼうと予定しています。持続可能なライフスタイルに関心があります。私たちは何か足跡を残そうとは思っていません。母なる自然との共生を志しています。大きな家でエネルギーや資源の無駄使いをすることはありません

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン

 

持続可能なタイニーハウス

-みんなのタイニーハウス
-,

執筆者:

関連記事

「愛を育むには小さな家が一番」庭に遊具のあるタイニーハウスで暮らす家族

ジョエルとエマ夫妻はまだ小さな娘たち2人と一緒に家族4人でタイニーハウスでの生活を始め、6週間ほどになります。 夫妻は、今タイニーハウスを停めているところとは別の場所に土地を購入しており、その土地を整 …

「生活の質は間違いなく向上した」バリアフリーのタイニーハウスに住む高齢の女性

オーストラリア・ヴィクトリアに住むメルルのタイニーハウスは、娘のファーンがデザインしたものです。 高齢になってそれまでのように体の自由がきかなくなって来たメルルですが、それでも自分ひとりの独立した空間 …

「自分たちに最適と思えた暮らし」トランスフォーマーのように拡張できる家

ニルヴァーナとガウリ・マの夫妻は、オーストラリア・ニューサウルウェールズ州のベガにある自然豊かな土地にあるタイニーハウスに住んでいます。 二人とも、もうシニア世代にさしかかっている年齢ですが、結婚した …

木の家で暮らす男性

妖精が住むような木の家。ロックバンドのドラマーだった男性の静かな暮らし

ワシントン州オリンピアの森の中にまるで魔法使いや妖精が住むような木の家があります。ここに暮らすのはアルバン。かつてロックバンドで名声を築いた彼はここでひっそりと閑静な暮らしを楽しんでいます。 Livi …