みんなのタイニーハウス

「みんなで助け合い、資源をシェアしながら生活」1万6千ドルでタイニーハウスを建てたカップル

投稿日:

ブリティッシュコロンビア州のネルソン。サステイナブルな共同体のなかで暮らすカップルがいます。ソフィーとカルロはとてもカラフルなタイニーハウスに住んでいます。

この土地には8人の人が暮らしています。家はそれぞれ別に持ちながらつながりのある生活をしています。みんなで助け合い、資源をシェアしながらの生活です。

旅好きで、旅行先のオーストラリアで出会った二人。タイニーハウスのモノを持たない環境に優しいライフスタイルの考え方には以前から共感するものがありました。

家の建築は友人に頼みました。後から自分たちの好みにあわせて少し改修しています。電源は土地の所有者のところからとって来ていて、水をひく場所もあります。ですがソーラーパネルやプロパンガスもあるのでオフグリッドにも対応可能です。

家の中に入ると意外と広く感じます。天井の高さは13.5フィート。たくさんの窓もあることで、小さな箱の中にいるような印象はありません。

ストーブは小さなものがあるだけですが、それでも家を温めて冬をしのぐには十分です。リビングやキッチンは快適に使えます。

小さなキッチンをうまく使うコツは使ったらすぐに片づけること。食べた後すぐに食器を洗っておけば不自由しません。トイレはコンポストトイレです。ロフトが寝室です。カラフルな飾り付けがしてあります。

ふたりとも音楽が好きなので楽器を色々持っています。好きなものに囲まれていると家の居心地の良さが増します

タイニーハウスでの生活は不自由もなければ、ふたりの関係性にも特に問題は出ませんでした。料理はできるし、くつろいだり寝る場所もあるし、快適な庭もある。何も困ること、不足することはありません。

建築には1万6千ドル。その後改修や、この場所に暮らすお金として5000ドルほど使っています。

今後は大陸の南側へ旅に出て、タイニーハウスの建築や食べ物の育て方について学ぼうと予定しています。持続可能なライフスタイルに関心があります。私たちは何か足跡を残そうとは思っていません。母なる自然との共生を志しています。大きな家でエネルギーや資源の無駄使いをすることはありません

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン

 

持続可能なタイニーハウス

-みんなのタイニーハウス
-,

執筆者:

関連記事

列車のタイニーハウス

古い列車を改装したオフグリッドのタイニーハウス

ニュージーランド郊外に土地を買うと、その敷地内に古い列車の客車が捨てられていることがあります。多くの人はそこに住もうとは考えませんが、マンディはその古い客車を素晴らしいオフグリッドの家へと変えました。 …

タイニーハウスに住む女性

「都会の賃貸料に嫌気がさした」犬や馬とタイニーハウスで生活する女性

ジャッキーは学校を卒業したばかり。いまはカウントリーサイドの小さな家で暮らしています。同居するのはこれまた小さい犬のダーラ。 Living Big In A Tiny House 持続可能性や環境への …

靴の形をしたタイニーハウス

靴の形をしたおとぎ話に出てくるようなタイニーハウス

ニュージーランドにあるスティーブとジュディ夫妻のタイニーハウスは、可愛らしいブーツの形をしています。大きなブーツの中に住んでいるようなこのタイニーハウスのデザインは、靴の中に住んでいるおばあさんのおと …

太平洋を望む個性的なタイニーハウス

太平洋を望む、個性的なタイニーハウス。好きな場所でよりシンプルな暮らし。

信じられないような家を見つけました。太平洋を一望できる丘の上のロケーションにある家。 自然と共に生活するシンプルなライフスタイル。自分の好きなことに囲まれて暮らす生活です。 外観も室内もとても特徴のあ …