みんなのタイニーハウス

「麻で人や環境に優しい家を作る」中皮腫で父を亡くした男性

投稿日:2018年4月23日 更新日:

麻は食べ物、薬、服の繊維、そして燃料にまでなることができる、驚くべき植物ですが、その麻を材料にして作った家を作った家族がいます。

マイケルとティファニー夫妻は健康に有害な材料が入っていない材料で家を建てたいと思っていました。

ティファニーの父は建築士でしたが、10年前に中皮腫のために亡くなりました。中皮腫は建築素材のアスベストが原因で発症する病気です。彼は自分の家を建てることが夢でしたが、それは叶いませんでした。

マイケル自身も同じく建築士です。義父のやり残したことを引き継いで自分たちで家を建てようと決意し、その材料には健康に有害な物質を使わずに家づくりをしようと考えました。

ティファニーは大学で建築生態学を学び、そこに住む人だけでなく家を作る建設業者にとっても無害な材料を使った家づくりをしたいと考えていました。

そこで二人が家のメインの材料にしようと考えたのが麻でした。麻は何百年も前から人間が建物の材料としてきた古い素材ですが、近代化が進むにしたがって段々と使われなくなってしまいました。

また最近になって見直されつつあるようですが、マイケルは、麻はより良い未来のための素材であると信じています。

オーストラリアで家を建てるということに関連して、麻は非常に優秀な断熱材となります。マイケル達が住んでいるところは亜熱帯の気候に属しているため、建物の内側の湿気とカビに悩まされるのです。

麻を使った素材、ヘンプクリート(麻とその他の材料を混ぜて作る素材 参考:Wiki)でできた壁は家の中の湿気を外に逃がしてくれてカビの発生を抑えることができます。また、強い日差しで家の中に熱がこもるのも防いでくれます。

麻を使った壁は、一般的な材料で作る壁よりも5~10%くらいコストがかかります。でも家全体を作る費用の中で、壁にかかるお金はそんなに大きな部分を占めているわけではありません。トータルの費用で考えると、一般的な家の作り方と比べてそこまでとんでもなく高くなるということはないと思います。

この家は、地域の人々の協力によって建てられました。友達やボランティアの人がたくさん来て、手を貸してくれたのです。そして夫妻の子どもたちも作業に加わり、家を作る一部始終をすぐ目の前で見ることが出来たこともとても喜ばしいことでした。

建設に使った材料がどれも人間に無害なものばかりだったので、そのようなことができたのです。普通の建設現場では子どもや知識のない人が触ると危険な材料がたくさんあります。

多くの人の手が加わったことは、この家についてだけでなく、これからのプロジェクトにとっても大きな意味を持ちます。

今回はマイケルがクライアント側で、人々に家を建ててもらいました。今度はマイケルが他の人のための家や建物のプロジェクトを進める際に、ここで自然素材について学んだ人たちにマイケルのチームに加わってもらうのです。

人体や環境に優しい家づくりについて人々が知り、自分たちもその作業の一部として参加することで、それがこれからの地球環境に良い変化をもたらしていけるのだという自信や更なる行動につながっていくのです。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン


 

麻で作った家

-みんなのタイニーハウス
-, ,

執筆者:

関連記事

「こうあるべきと決められる世間に疲れた」平均的な住宅価格の8分の1のタイニーハウスに暮らす家族

ルークとリアの夫妻はバンクーバー郊外の自然に囲まれた土地で、トレーラーに載ったタイニーハウスに住んでいます。 二人の家には、子どもたちのうち一番下の19歳の息子と、他に4匹の猫と1匹の犬も一緒に暮らし …

オフグリッドタイニーハウス

「完璧じゃなくても良い。夢見ることをやめないで」10代から作り始めたオフグリッドタイニーハウス

ティーンエイジャーだったころアウトドアの活動が大好きだったジェシー。夏休みには裏庭にテントを建てて寝泊まりするような少年でした。 Dylan Magaster 10代の終わりに差し掛かりタイニーハウス …

タイニーハウスに住む家族

「大きな家はたくさんのお金とエネルギーが必要」人生の価値を考え続ける家族のストーリー

ニッキーとジュディは定年を迎えるにあたりタイニーハウスで暮らすという選択をしました。175平方フィートの敷地で、より少ないコスト、より働く量を抑えて生活できるようになりました。ジュディはすでに定年を迎 …

ツリーハウスに暮らす男性

「ストレスを忘れ、童心に返ることができる」高級ツリーハウスを建築する男性

ワシントン州シアトルの「Nelson Treehouse and Supply」を訪れています。案内をしてくれるのはガレット。数々のツリーハウスの建築をしたピート・ネルソンが2010年にNelsonT …