バス

「どんな状況であれ最高に楽しむこと」バスでホステルを経営するカップル

投稿日:2017年2月16日 更新日:

ノマドバスでバスのホステルを経営するカップルです。場所にとらわれない生き方・人生の楽しみ方がとても素敵です。

ベルギー人カップルのティムとヴァルはノマドバスに乗って生活しています。これはバス型のホステルです。もともとアメリカのスクールバスだったものをベルギーへと輸入し、快適な生活ができるよう改修しました。

もともと低予算の旅が好きだった二人は2年間の準備と計画を経てバスのホステルを経営する夢をかなえました。幸いなことに母国であるベルギーでビジネスの許可を得ることができました。

このホステルのコンセプトは最高の休暇を過ごしてもらうこと。「そのためには素晴らしいロケーションが必要」とヴァルは言います。行きたい場所はたくさんあってその都度変わるけれど、このバスなら1週間でたくさんの場所を見に行けます。

週末はいろいろなことをします。山へハイキングに行ったり、湖で泳いだり、スノーボード、マウンテンバイクなどのスポーツをしたり、ボールゲームで遊ぶこともあります。映画をバスの外で見ることもできるし、キャンプファイヤーもできる。ワインを飲んだり、バーベキューをすることもあるし、音楽やボードゲームを楽しんで過ごすことも。

バスの中には本もたくさんあるので読書も堪能できます。

ここでは毎日がどんなことが起こるか予想できません。他にないユニークな体験ができます。朝から夜寝るまで、予想もしない驚きがあるのです。こういった生活は普段の社会生活では難しいと思います。

なぜならスマホやタブレットをいつも見ているからです。身の周りにテクノロジーが多すぎます。インターネットなんていりません。ここはこんなにも自然であふれているのですから。

ティムは「人生の哲学はどんな状況であれ最高に楽しむこと」と言います。どこにいようが雨が降っていようが関係ありません。そこにあるもの、そこの状況で良い雰囲気づくりを心掛けています。

翻訳者注:一部 https://www.thesandyfeet.com/life-nomads- bus-unique- hostel-europe/ を参考に情報を補っています。


 

スクールバスでホステルを経営するカップル

-バス
-,

執筆者:

関連記事

ワーゲンバス

「自分の暮らす地球環境をより良くする」かわいいワーゲンバスで暮らすカップル

ステューとカイリーのカップルは、フォルクスワーゲン社製のキャンパーバン(キャンピングカー)のタイニーハウスでオーストラリア中を旅する生活をしています。 Living Big In A Tiny Hou …

スクールバスのタイニーハウス

「生活の費用を1/3に抑えられる」3人の子どもと一緒にバスで暮らす家族のストーリー

私たちは非常識な人間で非常識な生活をしています。それでなんとかなるんです。 ワシントン州レントン。サリヴァン夫妻(ブライアンとスタラ)は一般的ではない家庭を築いています。改造したスクールバスで3人の子 …

若者のスクールバスライフ

「人生を慎重にいきすぎた」バスを4500ドルで購入・改装した若者

アーロンはDrofと名付けた古いスクールバスを改装してそこを彼の家にしました。 Exploring Alternatives “Ford”の車のロゴを、前の持ち主か誰が入れ替えて“Dorf”となってい …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

\フォローいただけると嬉しいです/