バス

約70万円で購入したバス。小さなスペースだからこそ築ける親密な関係。

投稿日:2017年2月20日 更新日:

約70万円で購入したバスを改修し、旅をしながら生活するふたりのストーリーです。ふたりの仲の良さが伝わってくる動画です。

カリンの親はドイツ人とイギリス人。アフリカで生まれ育ちました。マークはアフリカのジンバブエ生まれ。人生の多くを過ごしたのはアメリカのアイオワです。二人が出会ったのは東アフリカのウガンダでした。

そんな二人が現在いるのはアメリカ・オレゴン州。バスで旅しながら暮らす生活をしています。6500~7000ドルほどの費用でバスを購入・改修しました。作業はほとんどマークが担当。カリンは写真を見せて指示を出してマークを励ましました。

バスの名前はコリンズ。2016年のはじめに購入して3か月かけて改修しました。屋根にはお迎えクマさんの人形。夜間警備もしてくれています。

車内はできるだけ動けるスペースを作れるよう意識してモノを配置しました。キッチンや冷蔵庫、収納スペースはもちろん、ふたり用のテーブルやフルサイズベッドがあります。

バスでの生活で苦労したのは、モノがどうこうというより、これまでにない小さなスペースで共同生活をすることでした。一緒になって4年。とても狭いスペースで過ごすことになりました。うまくいかないこともたくさんありました

マークはこの苦労した経験がバス生活の一番良いところでもあると振り返ります。狭い住スペースのなかで親密な関係を築けたことはこの生活の素晴らしいポイントでした。

カリンの考えるバス生活の最も良いところは自由であること。自分の気に入ったところで朝を迎えることができるし、多くの人との出会いもあります。かかる費用も安くすんで、とてもラッキーだったと振り返ります。

小さなスペースだからこそ築くことのできる親密な関係。そしてその生活の素晴らしさ。これぞタイニーハウスでの生活の魅力ですね。

自分の気に入った所で朝を迎えるという生活。何にもとらわれない二人ととても楽しそうな様子の二人が素敵です。


 

バスで暮らすカップル

-バス
-,

執筆者:

関連記事

バスで生活するカップル

「不確かなものを恐れないで。行動を起こしてみてください。」バスで生活するカップル

車で生活するピートとテイ。いまの生活を考え出したのは、大学卒業間近で東南アジアを旅していたとき。 よくある9時から5時まで働く生活には抵抗がありました。旅を続けられるような違う生活の仕方を模索して、自 …

若者のスクールバスライフ

「人生を慎重にいきすぎた」バスを4500ドルで購入・改装した若者

アーロンはDrofと名付けた古いスクールバスを改装してそこを彼の家にしました。 Exploring Alternatives “Ford”の車のロゴを、前の持ち主か誰が入れ替えて“Dorf”となってい …

スクールバスのタイニーハウス

「生活の費用を1/3に抑えられる」3人の子どもと一緒にバスで暮らす家族のストーリー

私たちは非常識な人間で非常識な生活をしています。それでなんとかなるんです。 ワシントン州レントン。サリヴァン夫妻(ブライアンとスタラ)は一般的ではない家庭を築いています。改造したスクールバスで3人の子 …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

代替サービス・ツール
\フォローいただけると嬉しいです/