バス

「人生を慎重にいきすぎた」バスを4500ドルで購入・改装した若者

投稿日:

アーロンはDrofと名付けた古いスクールバスを改装してそこを彼の家にしました。

“Ford”の車のロゴを、前の持ち主か誰が入れ替えて“Dorf”となっていたので、そのままその車の名前になったのです。

このバスは1959年製の古いスクールバスで、彼はこれをクレイグスリスト(個人間の売買サイト)で見つけました。見た時に、これこそ彼がやりたかった事だと思いました。

彼はそれまでの人生をあまりにも慎重にいき過ぎていたと考えていました。何かわくわくする楽しいことをやってみようと思った彼はそのバスを買ったのです。

彼はできるだけコストをかけずに新生活の準備をしようと思っていました。改装した車内には彼の好きなインテリアや雑貨が詰まっていますが、それらは全てクレイグスリストで安く見つけたり、中には道端で拾った古いサインボードなどもあります。

それらや改装に使った材料、バスも含めて4500ドルほどで全て賄えました。バスでの生活を始める前の3、4か月間で、色々なものを処分して生活の規模を小さくしました。

小さな空間での生活では、たくさんの物を持っていることはできません。自分に必要なものや好きなものなど、自分自身の事をより深く考え見つめなおすことが出来たと言います。

バスの改装の過程でも大きなキッチンの設備やタンクなどは付けずに、本当に必要なものだけを揃えました。

バスでの生活を始めて一番大きな変化は、生活の自由度が上がった事です。行くところ、する事、時間など生活に柔軟性ができました。生活の質を落とすこともなく、でもコストは大きく下がりました。

もちろん働く必要も少しはありますが、それも自分に必要なものを揃えるだけで、この小さな規模のライフスタイルの中でそんなに大きなものは費用ありません。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Exploring Alternatives
TAKUTAKUはExploring Alternativesのパトロンです。(→パトロン

 

若者のスクールバスライフ

-バス
-

執筆者:

関連記事

DIYスクールバス

同じスクールバスに暮らしながら旅する2組のカップル

スクールバスを暮らせる家に改修した二組のカップル。ヨーロッパ出身の彼らはこれらワーキングホリデーのビザを利用して1~2年間にわたりカナダを旅する予定です。 Exploring Alternatives …

「大きな自由を手にできた」再利用材で改装したスクールバスで旅するカップル

テッサとジェイコブのカップルは、スクールバスをタイニーハウスへと改装して旅を始めました。 このバスに乗ろうと決めたきっかけは、ある日、中庭に出て通りを見ていた時にスクールバスがちょうど目の前に来て止ま …

スクールバスのタイニーハウス

「可能な限り夢を追うべき」コーヒーショップを開きながらスクールバスで暮らす男性

エリックはコロラド州ボルダーでスクールバスを改装したタイニーハウスに住んでいます。 Dylan Magaster 彼は生活をミニマルなものにしつつ、どこに住むか、何ができるか、自由度の高いオプションを …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

代替サービス・ツール
\フォローいただけると嬉しいです/