バス

「前と同じ生活には戻りたくない」中古のバスで暮らす家族

投稿日:

ジミーとアンバーの夫妻、息子のオニキスはスクールバスを改装したタイニーハウスで旅をしながら生活しています。

前はロードアイランド州ナラガンセットのアパートメントに住んでいました。

アンバーはビーチフロントの小さな店でジュエリーやアクセサリーを売る小さなショップのオーナーをしていて、ジミーは建設現場で塗装の仕事をしていました。

ある時家族はプエルトリコにバケーションに行き、そこで心が洗われるような体験をしました。別にライフスタイルを大きく変えるためにそこへ行ったわけではなかったのですが、それがきっかけとなって、バケーションから帰ってきた時には前と同じ生活には戻りたくないと思うようになっていたのです。

二人は2003年製の中古のバスを買って家族で旅に出られるように自分たちで改装しました。3、4か月かけて中で生活ができるように改装し、アンバーは店を閉め、バケーションから11か月ほど経った5月にバスでの新生活を始めました。

このような生活を考えている人たちに二人が言いたいことは、「手放すことを恐れないで」という事です。物を身の回りにたくさん置いておくにはそのスペースと、そのためのお金も必要です。ただ物をとっておくためだけに色々と消費しなければならない生活をやめようと決めたのです。

旅に出るにあたってそれまで身の回りにあったものの3分の2は処分しました。新しい生活に踏み出そうとする時、それをやめる言い訳はたくさん見つかります。

例えばアンバーは第二子を妊娠中ですが、それを理由に今までの生活を続けることもできました。でも二人は新しい生活に踏み出しました。

もし頭の中にあたためているプランがあるのだったら、それにこだわってやり通してみることです。人間には順応する力があります。物を持たない生活、狭いスペースでの生活にもちゃんと慣れて新しいライフスタイルを楽しむことができるようになります。

そしてもし、それを一緒にする人がいたらそれは大きなパワーになります。

子どもの為ということを考えると、子どもの日々の生活を楽しいものし、あまり深刻に悩み過ぎないようにしようと心がけるように気持ちが変わってきます。

二人にとって息子のオニキスも、これから生まれてくる新しい家族も、大きなエネルギーをくれる存在なのです。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

 

妊娠中のタイニーハウス

-バス
-

執筆者:

関連記事

「手を動かすと学べることが沢山ある」自力でDIYしたスクールバスでロードトリップするカップル

ローラとイアンは古いスクールバスを改装して、ロードトリップをしています。 ローラは以前からキャンプに行くことが好きで、イアンは外の世界に出て新しい出会いや発見をすることが好きでした。 そんな二人は、「 …

バスで生活するカップル

「不確かなものを恐れないで。行動を起こしてみてください。」バスで生活するカップル

車で生活するピートとテイ。いまの生活を考え出したのは、大学卒業間近で東南アジアを旅していたとき。 よくある9時から5時まで働く生活には抵抗がありました。旅を続けられるような違う生活の仕方を模索して、自 …

ミニバスで生活する元教師

「世界の見え方が変わった」教師を辞めてミ二バスで旅するカップル

教師を辞めて小さなミニバスで生活するカップルです。「私たちはふつうのカップル。誰にでもこの生活はできる。生き方を変えることを恐れないで。」という言葉が心に刺さります。 ディロンとテスのふたりは二年間、 …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

代替サービス・ツール
\フォローいただけると嬉しいです/