バス

「何故やりたくないことを一生懸命やるのか」5,500ドルで改修したバスで暮らす男性

投稿日:

ジャックス・オースティンは元バーテンダー。職場の上司がいつもネガティブなことを言っていてウンザリしていました。あるとき何故自分がやりたくもないことを一生懸命やっているのか、やりたいことをできたらどんなに良いだろうと思い仕事をやめました。

貯金をもとに友人と旅に出ます。そこでスクールバスで生活している人に出会い話を聞くと、公的な土地なら2週間まで費用を払うことなく滞在できると言います。素晴らしいと思い、フィラデルフィアでバスを手に入れました。バスには尊敬をこめて数年前に亡くなった叔父の名を付けました。

バスは塗装していると思われがちですが、これは大きなシールなんです。屋根には人工芝を植えました。ソーラーパネルも設置しています。

中にはLED照明を導入。気に入っています。木材はすべてリサイクル材です。トイレは簡易的なものです。本当はコンポストトイレが良いのですが用を足すのに1000ドル払う気にはなれませんでした

シンクは一切使っていないので、コンロに改修しようかと思います。車で生活をする上では常にアップグレードを行っていかなければなりません。自分の必要とするものを満たすのに間違った方法なんてありません。冷蔵庫は小さいものがあるんですが先日止まってしまい、今も機能していません。修理しないとダメですね。

趣味のサーフボードやスノーボード、ウェットスーツなどを積んでいます。

このバスにかかった費用は5,500ドルです。

バンでの生活に興味がある人に言いたいのは、この生活は素晴らしいということ。絶対に困難はあります。スペースやトイレ、シャワーをどう対処するか考えることになるでしょう。

でもこれは保証します。この生活を始めて得るものの大きさに比べれば、あきらめたことの数々は取るに足らない小さなものです。最悪のシナリオを想定して仮にアパートに戻ったとしても、乗り物があれば週末には冒険に出られますよ。

この生活をするには何かしらお金をつくる手段については考えなければなりません。学生だってアパートに暮らさずバンで暮らすという選択肢もあるはずです。アパートの費用は高すぎて得られるお金と比べるとフェアではないと考えています。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン

 

バーテンダーをやめてバスで生活する男性

-バス
-

執筆者:

関連記事

バスで暮らす男性のストーリー

「今の生活は私の望んでいたもの」約270万円で作ったバスに10年間暮らす男性

約270万円で作ったバスに10年間暮らし、バスの設計や建築などをしながら生活する男性の話です。 チャーリー・カーンは古いスクールバスで暮らす生活をしています。バスと関わる生活は約10年になります。人か …

タイニーハウスバス

「ドアを開けるといつも新しい世界」廃材を利用したタイニーハウスバスに暮らす家族

ブランドンとジェニファーのカップルと2人の子どもたちの4人家族は古いバスを改装したタイニーハウスに住んでいます。 Living Big In A Tiny House 彼らはこのタイニーハウスでもう7 …

スクールバスを改修して生活する男性

スクールバスを改修して、「家」兼「Airbnb」として暮らす男性のストーリー

ニューヨークでバスで暮らしながらノマド生活をするダニエル。プロダクションアシスタントとして働きながら、彼の兄弟と、それに3人の同居者とバスで暮らしています。 Dylan Magaster 17歳のころ …

「手を動かすと学べることが沢山ある」自力でDIYしたスクールバスでロードトリップするカップル

ローラとイアンは古いスクールバスを改装して、ロードトリップをしています。 ローラは以前からキャンプに行くことが好きで、イアンは外の世界に出て新しい出会いや発見をすることが好きでした。 そんな二人は、「 …