みんなのタイニーハウス

「アート作品に情熱と時間をそそごう」リサイクル材を使い、1000ドルでタイニーハウスを作った男性

投稿日:

コーウィン・マンデルはキャラバンをタイニーハウスに改修しました。リサイクル材を使っており費用は1000ドルです。

以前住んでいたところでは、自分が収集していた木材が土地の所有者に気に入られず立ち退き要求を受けてしまいました。そこでタイニーハウスを建て、今は知人が招いてくれたこの土地で暮らしています。アウトドアが好きな自分にとってうってつけの場所です。

自然とアートに情熱をそそぐコーウィンにとってこの家は単なる住居ではなくアートのひとつでもあります。家の内側は特に美しいです。木のにおいのする家で、自然のものばかりを使ってできています。

例えば木と竹で出来た水のタンク。まるで森のなかにいるような空間です。枝やキノコなど森でとってきたものを用いて家具やアート作品を作っており、聖なる自然への尊敬を示しています。

収納は家の外にもありますが、家のなかにはすぐにとりだしたい荷物を収納する場所が複数あります。上の棚には食器や調理器具、それにサプリメントなど。木でできた冷蔵庫は椅子になっていて机に向かうときはこの冷蔵庫に座っています。

ベッドは端を持ち上げられるようになっていて、まるでゆりかごの中にいるような、何かに抱かれているような気分になれます。角があるものはどこか危険を感じて落ち着きません。できるだけ丸みを帯びた構造をつくることで、安全で落ち着ける空間を作り上げました。

父もこのような建築に携わっており、子供のころからそれを手伝って育ちました。

こういった生活は夢でもありました。夢の多くは不満からスタートします。私にとって賃貸に多くのお金を費やし続ける渦のような生活は不満でした。私のものだと感じられるものをつくること、アート作品を作ることにより情熱と時間をそそごうと考えました。

トイレは屋外の簡易的なコンポストトイレ。ジムの会員になっていてそこでサウナなどを利用しています。

山火事があると燃えてしまうので、車で引いて移動できるようになっています。

この動画を見て、夢のタイニーハウスを低予算で実現するアイデアを得てもらえればうれしいです。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン

 

リサイクル材で作ったタイニーハウス

-みんなのタイニーハウス
-

執筆者:

関連記事

オフグリッドハウスでアースシップな生活

「自分たちでまかなえないものに頼りたくない」オフグリッドな家でアースシップな暮らしをす夫婦

ヘレンとそのパートナーのアランはカナダのケベックでオフグリッドの生活を11年間続けています。昔からこういった生活に憧れていたというヘレン。今の家はまるで子どもの頃に憧れていたディズニー映画「スイスファ …

「時間は人生の中で最も貴重」DIYオフグリッドハウスで暮らす夫婦

ケイブとジャン夫妻は、オーストラリア・ゴールドコーストでおよそ一か月前にタイニーハウスでの生活をスタートさせたばかりです。 Living Big In A Tiny House 彼らは、3人の子どもた …

「屋根とゆっくり眠れる場所があればいい」5,000ドルのタイニーハウスに住む男性

今から20年前、ジェイ・シェイファーは彼の最初のタイニーハウスを作り、そしてそれが一つのきっかけとなって、革新的なアイディアで手に入れやすい価格の様々な家を選択肢に入れる人たちが増えていきました。 ジ …

「経済的な余裕、生活の自由度が叶えられる」ラグジュアリーなタイニーハウスで暮らすカップル

スペンサーとベラ夫妻と娘のエッシャーがカリフォルニア・サンタクルーズに自分たちのタイニーハウスを建てて、2年半ほどになります。 彼らのタイニーハウスは、娘の名前をとってエッシャーと名付けられています。 …