バス

「世界の見え方が変わった」教師を辞めてミ二バスで旅するカップル

投稿日:2017年2月2日 更新日:

教師を辞めて小さなミニバスで生活するカップルです。「私たちはふつうのカップル。誰にでもこの生活はできる。生き方を変えることを恐れないで。」という言葉が心に刺さります。

ディロンとテスのふたりは二年間、自動車で旅しながら暮らす生活をしています。

ふたりはもともと教師と事務職の仕事をしていました。夏の長期休暇の間に車での旅行を楽しみ、その生活に魅了されたふたりはついに仕事をやめて長期のバス旅を始めることにしました。

きっかけはワールドカップの2014年にキャラバン旅行でブラジルを旅した人の話を聞いたことでした。その話が心の底から最高に魅力的に感じたのです。

アラスカでフォルクスワーゲンの1975年生まれの古いミニバスを購入。ボロボロだったので10か月かけて修復しました。車の中にはコンロ、冷蔵庫、貯水タンクがあり、食料やパソコン、カメラなどを収納できるスペースもあります。

2枚のソーラーパネルを日向に出して電力を賄うようにしています。ふたりのお気に入りは2段ベッドの上のスペース。狭いですがサイドに窓が付いていて鳥の気分になれます。

またサーフィンが好きなのでサーフボードも載せて旅しています。

テスは今後教師に復職する予定です。ディロンはこれまでとは異なったキャリアを積んでいくことになるでしょう。この旅が生き方を変えてくれたからです。まだ若いうちにこの旅をできたことを良かったと振り返るテス。

こういった旅はふつうは定年後に夢見ることかもしれませんが、若いうちに様々な人に会い、多様な価値観に出会えたことで世界の見え方が変わりました

以前のように普通の家で暮らし仕事をする生活に戻っても、以前とは様々なかたちでモノの見え方、考え方が変わっていることでしょう

私たちはふつうのカップル。誰にでもこの生活はできると二人は語ります。仕事を辞めることを恐れないで。クレイジーな生活だと思う人や、手が届かないと思う人もいるだろうけれどそんなことありません。

生き方を変えることを恐れないで。この生活が魅力的に見えるならあなたにもできます。


 

ミニバスで生活する元教師

-バス
-,

執筆者:

関連記事

「大きな自由を手にできた」再利用材で改装したスクールバスで旅するカップル

テッサとジェイコブのカップルは、スクールバスをタイニーハウスへと改装して旅を始めました。 このバスに乗ろうと決めたきっかけは、ある日、中庭に出て通りを見ていた時にスクールバスがちょうど目の前に来て止ま …

廃棄された野菜のオイルを燃料にするスクールバス

「今の社会構造では多くのゴミがでる」廃棄された野菜のオイルを燃料にするバスで暮らす女性

ゾラはスクールバスを改修した移動する家で暮らしています。 Exploring Alternatives リビングと寝室は兼用です。ソファの下には緊急用トイレなどの備品が収められています。またベッドは拡 …

スクールバスのタイニーハウス

「生活の費用を1/3に抑えられる」3人の子どもと一緒にバスで暮らす家族のストーリー

私たちは非常識な人間で非常識な生活をしています。それでなんとかなるんです。 ワシントン州レントン。サリヴァン夫妻(ブライアンとスタラ)は一般的ではない家庭を築いています。改造したスクールバスで3人の子 …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

代替サービス・ツール
\フォローいただけると嬉しいです/