バン

「様々な場所で朝を迎えられる」旅をしながら自由な生き方を追求するカップル

投稿日:

ジュリアンとメリッサはこれまで、バンに乗って冬にカナダのモントリオールからメキシコまで旅したり、夏にサーフィンとバン仲間との出会いを求めてカナダのノバスコシアまで旅したりしました。

この生活で気に入っていることは、様々な場所で朝を迎えられること。あるときはビーチで、あるときは山で。探検の末に見つけた最高の景色はまさに秘宝です。そしてシンプルであること。モノは必要ありません。人との出会いもとても楽しいものです。Go-Vanというウェブサイトを運営していてバン仲間のコミュニティを広げる活動をしています。

ノマド志向の人間なのでひとつのところにはじっとしていられないというメリッサ。彼女たちの旅仲間として欠かせないのが犬のジャックです。「ジャックはバンが大好き。この犬はバンでの生活に完璧なサイズなの。小さくておとなしいし、よく寝るから。」

バンには備え付けのキッチンやシャワーがないので、夏にこのバンで旅をしていたころはニューヨークやボストンなど都市の近くで過ごしていました。またできるだけキャンプ地での宿泊は避けるようにしています。お金の節約のためです。そのためには泊まれる場所や良い景色の場所を探す手間がかかりました

いまはこのバンでは生活をしていなくて、もう少し大きな車を探しています。寒いときはコーヒーを飲んで体を温めたり、シャワーを浴びたいときはポンプ式のものを使ったりして過ごしていますが、数か月以上の長期の旅にはもっと設備が整った車が必要です。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Exploring Alternatives
TAKUTAKUはExploring Alternativesのパトロンです。(→パトロン

 

旅をしながら自由な生き方を追求するカップル

-バン
-,

執筆者:

関連記事

シェフのバンライフ

ミシュラン獲得のシェフが料理の可能性を広げるために始めたバンライフ

エリックとリザはプロのシェフとしてミシュランで星を獲得したレストランなどで働いた経験を持ち、また、料理の講師もしていました。 料理の素材について、より知識を深めたいと思っていた二人は、実際に農場を訪ね …

バンで生活する女性

「夢に向かって立ち止まる必要はない」ヨット暮らしを夢見て、200ドルで改装したバンで暮らす女性

ワシントン州オリンピア。いつかヨットに乗って生活したいと夢見る若い女性ミラがここで車の中で暮らす生活を送っています。 Living Big In A Tiny House 車の中に入ってまず気づくのが …

アパートからバン生活へ

「普通である必要はない」アパートからバン生活へと切り替えたダイバー

マット・サンダは商業ダイバー。西シアトルで暮らしていたころはアパートに月2,600ドル支払っていました。お金を節約する方法を考えてこのバンを買うことに。費用を一気に削減することができました。 Dyla …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

スモールビジネス
\フォローいただけると嬉しいです/