バン

「自分たちのしていることに自信を持っている」バンで旅しながら暮らすカップル

投稿日:2018年8月19日 更新日:

トニーとフランシーのカップルはバンに乗って長い旅をする生活を送っています。二人はこれまで日本、フィリピン、アメリカを旅しました。

トニーは以前はアマゾンで働いていました。彼は6年ほど働いた時、働き方や将来についてなど自分の人生を考え直すポイントに来たと感じました。

フランシーは日系の会社で働いていました。そこでの仕事は好きでしたが、やはり自分の生活に100%の満足を感じることができずにいました。そこでそれまでの生活を大きく変えようと決断したのです。

ですが、最初のころトニーはライフスタイルを大きく変えることにあまり乗り気ではありませんでした。一般的に人々は将来の事について、家を建てたり家族を持ったりすることを想像します。生活を変えるということは、そのような、いわゆる普通の事から離れてしまうということだからです。

フランシーがトニーに提案したのは、世界中を旅して回ろうということでした。そして二人で話をしていくうちに、トニーもそのプランを自分たちの手で実行できるのではないかという自信を持ち始め、やってみようと思うようになりました。

最終的に決断するまでおよそ2年かかりました。今は、たとえ他の人たちが彼らのしていることを愚かだと言ったとしても、二人には自分たちのしていることに自信を持っています。

二人が乗っているバンは中古で買い、外側の塗装の色や運転席の座席まで全て自分たちの好みのものに取り換えました。もともと黄色だった車体を淡いブルーに塗り替えるのには3カ月近くもかかりました。中にはキッチンを作り、温水も使えるようになっています。

他にもソーラパネルや蓄電池など電気関係の配線や、床や壁に木材を貼って収納を取り付けたりなど、自分たちのデザインした通りの車にするために業者に頼むことはせずに全て自分たちで改装をしました。

二人はそれまで大工仕事やその他工事や工作などの経験がなかったので、バンを改装する作業は間違いの連続でもありました。でもそれこそが、誰かに頼むのではなく二人が自分たちの手で作業をしたかった理由でもありました。

ネジの1本まですべて自分の手で取りつけていく事で自分たちの新しい生活を一から作り上げた実感があるからこそ、それは誰にも邪魔することのできないものであると感じることができるのです。

人はみな、今を生きなければなりません。今生きていることを大事にして、夢を追ったりそのために何かを変えてみたり、チャレンジをしてみてはどうでしょうか。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Dylan Magaster
TAKUTAKUはDylan Magasterのパトロンです。(→パトロン


 

ワーゲンバン

-バン

執筆者:

関連記事

教師のバンライフ

「人生における優先順位を見直すべき」バンで暮らしながら教師として働く2人の女性

レイシーとブリは教師としてフルタイムの仕事をしています。これまでの人生で、学校を卒業し、仕事につき、生活を安定させるというステップまでクリアすることが出来た二人は、次の目標をどんなことにすべきかと考え …

タイニーハウスで旅する女性

「一歩踏み出せば自然とあるべき場所に落ち着く」DIYバンで7年間旅を続ける女性(と犬)

アンナは一匹の犬と一緒に、DIYで改装したバンで旅をする生活を送っています。7年もの間旅を続け、5つの大陸での生活を経験しました。 Dylan Magaster 外国の様々な文化、特に医療制度の違いに …

同性愛の女性のバンライフ

「人生に降りかかることはすべてが贈り物」バンで暮らす同性愛の女性

カリフォルニア州のシャスタ山に住んでいました。そこで2000ドルで売られていたこのバンを見つけました。美しいアクア色で、とても元気が出る色です。すぐ気に入って見つけたその日に買いました。 そしてジョシ …

ヨガの先生のバンライフ

「自分が何にふさわしいかは、人生の経験で決まる」ヨガを教えながらバンで暮らすカップル

キータはバンでの生活を2014年に始めて3年になります。クンダリニーヨガを教えています。 Dylan Magaster ヘイリーは一年前からこの生活に加わりました。コンテンポラリー・ダンスのダンサーと …