建ぺい率・容積率とは

投稿日:2017年1月20日 更新日:

建ぺい率とは・容積率とは

建物を購入する際など、物件を探していると「建ぺい率」や「容積率」という言葉に出会うことがあると思います。

今回は「建ぺい率」と「容積率」について説明いたします。

建ぺい率(けんぺいりつ)とは

建ぺい率は「土地面積の何割を建物を建てるのに使えるか」を表す割合です。

例えば、土地の面積が100m²で建ぺい率60%の物件があったとします。このときの建物を建てて良い面積は何m²でしょうか。

建ぺい率のイメージ図

100m²x60%=60m² という計算で「60m²」が建物を建てて良い面積となります。

続いて容積率について見ていきましょう。

容積率(ようせきりつ)とは

容積率は「家の延べ床面積の上限」を決める割合です。

「延べ床面積」と表しているのは、2階建ての家の場合、1階部分・2階部分両方の床面積を合計した数字になるためです。

それでは例えば、土地の面積が100m²で容積率が80%の物件の場合、建物の延べ床面積の上限は何㎡でしょうか?

100m²x80%=80m²という計算で「80m²」が延べ床面積の上限となります。

容積率は地域や場所によって様々で100%を上回る物件もあります。

建ぺい率と容積率

なぜ建ぺい率と容積率が決められているのでしょうか?

それは建ぺい率と容積率が分かれば、どのような建物が建つかが大体把握できるためです。

例えば、100m²の土地面積で建ぺい率50%、容積率100%の場合どのような建物が建つでしょうか?

建ぺい率と容積率の上限まで目一杯に使った場合には土地の半分を使った、2階建ての家が建ちそうですね。

このように事前に建ぺい率と容積率を定めることで、都市計画法にある「地域の整備や開発・保全」のコントロールに繋がっています。


-カテゴリー: 都市計画法

執筆者:

関連記事

no image

家の建築時、キッチン・トイレ等の設備で他メーカーの取り扱いは可能か?

注文住宅を建てる際の疑問にお答えするコーナーです。今日の質問はこちら。 ハウスメーカーで家を建築する際、キッチン・トイレ等の設備は他メーカーのものを取り扱うことは出来ますか? それでは回答していきまし …

ハウスメーカーの値下げ交渉は可能?

ハウスメーカーや工務店で値下げ交渉は可能?値引きできるポイントは?

結論から言うと、「値下げ交渉は可能」です。 今回は値下げしやすいポイントをご紹介していきます。 目次1 値下げ交渉できるポイント1.1 複数社の見積りを比較して値下げポイントを探そう1.2 削れる部分 …

未登記の建物の購入と売却

未登記の建物を購入・売却する場合のデメリット

未登記の建物の購入と売却についてご説明させていただきます。様々な面倒がありますのでよく確認してくださいね。 目次1 建物の未登記は通常は法律上NG2 未登記の建物について3 未登記の建物を「購入」する …

不動産の登記の流れ

不動産の登記の申請の方法・流れ

不動産を取得した場合には登記が必要です。登記をしないと罰則があるだけでなく、様々なデメリットがありますので必ず登記はするようにしましょう。(未登記の建物を購入・売却する場合のデメリット) 今回は不動産 …