浄化槽・下水道・汲み取り式の違いは?

投稿日:2017年2月2日 更新日:

浄化槽・下水道・汲み取り式
生活する上で欠かせないのか「トイレ」。その汚水の処理方法についてを今日はご説明していきます。

汚水の処理方法

一般的に生活排水の処理で多いのは「下水道」「浄化槽」のどちらかです。都会のような人の多いところでは「下水道」の場合が多いです。

それでは下水道と浄化槽、汲み取り式について見ていきましょう。

下水道

家庭の汚水(トイレ・お風呂・洗面所・台所など)すべてが、地下に設置された下水道管を通じて下水処理場に送られます。下水処理場では汚水をキレイにして、海や川に戻します。

下水道は家庭やオフィス、学校や工場などからの排水を、下水処理場でまとめて処理するため、人の多い所で下水道管などの設備が整えられます。下水道の管理は都道府県や市町村が行います。

浄化槽

下水道の設備が整っていない(もしくは下水道に接続工事をしていない)場所では浄化槽が一般的です。

浄化槽は「単独処理浄化槽」「合併処理浄化槽」の2種類があります。

単独処理浄化槽

単独処理浄化槽はトイレのし尿のみを処理します。お風呂・洗面所・台所などの排水はそのまま河川に放流されます。単独処理浄化槽は自然や生活環境への配慮から新たな設置はできなくなりました

単独浄化槽の場合バキュームカーによる汲み取りが必要です。

合併処理浄化槽

合併処理浄化槽は家庭の汚水(トイレ・お風呂・洗面所・台所など)すべてを処理するものです。現在は原則として新たな浄化槽の設置には合併処理浄化槽となります。

合併処理浄化槽は各家庭に設置するものになります。人口がまばらな場所では、下水処理施設を作ることができないため、合併処理浄化槽が一般的です。

合併処理浄化槽では汚水が微生物によって分解されていくことでキレイに処理された水となります。

汲み取り式

汲み取り式は、浄化槽ではなく「タンク」に汚水が貯められます。ボットン便所と呼ばれることがあります。

また、「簡易水洗」というものもあります。これは汲み取り式の便器部分を水洗トイレのようにするものです。排水の仕組みは汲み取り式と同様です。

汲み取り式の場合、浄化する仕組みがないため、バキュームカーで汲み取りをする必要があります。

まとめ

以上が、下水道、浄化槽、汲み取り式の汚水の処理方法です。建物の金額に大きく影響される部分になりますので、都会以外の場所で住宅の購入を検討されているかたはしっかりと確認するようにしましょう。

-カテゴリー: 物件情報

執筆者:

関連記事

注文住宅を安く建てる方法

【裏技あり】注文住宅を安く建てる方法。値下げ交渉のポイント

「憧れの注文住宅を建てよう!」と決意し、情報収集を始めたとき最初にぶつかるのが「コスト」の壁。 ハウスメーカーの坪単価は安いところで30万円から、大手だと80~90万円と、目を疑いたくなるような値段設 …

no image

未登記建物を登記する手順。登記しないとどうなる?

建物が建てられた場合、通常は登記が行われ、法務局の登記簿によって、どんな建物が建っているのか、その建物の所有者が誰かであるかが明確に公示されますが、たまに登記簿が無い、いわゆる未登記建物があります。 …

no image

未登記建物でも、住民票は発行できるの?

「普通に毎日生活して、郵便も宅配便も届いていたので、建物が未登記なのに気づかなかった」ということがあります。 なぜでしょうか? それは、「住所が付されること」と「登記」は別のものだからです。 住所とは …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

\フォローいただけると嬉しいです/