バン

「仕事の都合で引越す生活にストレス」持ち家を売ってバンライフを選んだカップル

投稿日:

アダムとヴァネッサのカナダ人の夫妻はキャンピングカーで生活しながら、これまで北米中を旅してきました。

二人はそれまで素晴らしい家に住み、結婚して仕事も軌道に乗り順調な生活をしており、周囲も二人の次の人生プランは子どもを持つことだろうと期待していました。

でも二人の次の目標は全く違う事で、それまで手に入れてきた家や仕事を全て手放してキャンピングカーでカナダ中を旅して回ることでした。

家族や友人はもちろん驚き、何を考えているのかと言われましたが、二人はこれまで勉強や仕事の都合が変わるたびにあちこちに引っ越しをして、その度ごとに新たな生活を作り直さなければならないことにストレスを感じていました。

そこでこの先のライフスタイルに他の選択肢はないかと考えた結果、家を売って学生時代から抱えてきたローンなどを全て清算し、キャンピングカーで生活しながら旅をしてみようと決めたのです。

この生活をはじめておよそ1年になりますが、カナダだけでなくカリフォルニアやアリゾナなどアメリカも周ってきました。

最初は家などを処分して作った貯金のみで生活していましたが、今ではこのバンライフをYouTubeで公開したり、バンライフを始めてみたいと考えている人たちをサポートするビジネスをオンラインで展開したりして収入が得られるようになりました。

現在ヴァネッサは妊娠中で、冬に出産予定です。出産の少し前から産後数か月は体の安静や、家族が側にいることが大事なので、その期間はアパートメントを借りるなどして旅は一時休止をするつもりです。

二人にとって初めての子どもなので、生まれた後の生活がどのようになるかは二人ともはっきりとは分かりませんが、希望としては赤ちゃんを連れて、またキャンピングカーで旅をしたいと考えています。

このキャンピングカーでの生活が自分たちに与えてくれたのと同じように、きっと子どもにも柔軟な思考の持ち方を教えてくれるからです。

最初のころは車を停めてキャンプできるところが見つかるかどうかがとてもストレスに感じましたが、旅を続けていくうちにそれも日々の生活の一部となりました。

旅を通してたくさんの人に出会い、中には一緒に旅をしたり長く付き合える友人になったりした人もいました。

以前のような生活ではきっと行くことのなかった大自然に囲まれた場所を探検することもできました。

長期的なプランとしては、将来は土地を買ってそこでパーマカルチャーを実践したいと考えています。最終的に落ち着く場所を作り上げるまでの間は、このバンで生活することができるでしょう。

この生活を始めるにあたって、もし辛くなったり、新しい楽しみが生まれなくなったりしてしまったら、その時はいつでも旅を止めたり休んだりしてみれば良いと考えていました。

でも、実際に旅をしてみると飽きたりストレスを感じたりすることはなく、この生活をとても楽しんでいます。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Exploring Alternatives
TAKUTAKUはExploring Alternativesのパトロンです。(→パトロン

 

-バン
-, ,

執筆者:

関連記事

タイニーハウスで旅する女性

「一歩踏み出せば自然とあるべき場所に落ち着く」DIYバンで7年間旅を続ける女性(と犬)

アンナは一匹の犬と一緒に、DIYで改装したバンで旅をする生活を送っています。7年もの間旅を続け、5つの大陸での生活を経験しました。 Dylan Magaster 外国の様々な文化、特に医療制度の違いに …

free teaプロジェクト

「人は調和のとれた存在」Free Tea(無料のお茶)プロジェクトをバンで行う男性

ジュゼッペが10年生活しているタイニーハウスはバスを改装したものですが、彼のタイニーハウスは無料のお茶を訪れた人に提供する空間でもあります。 Dylan Magaster ジュゼッペは子どものころ、家 …

バンで旅したり働いたり「気持ちの赴くままに生活する」女性

カナダ人のクラリッサは2年ほど前からバンに乗って旅をしています。 小さな街で育ったクラリッサは、そこから出て広い世界を自由に見て回りたいとずっと考えており、ネットでバンの中に住んで旅をしている人たちを …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

代替サービス・ツール
\フォローいただけると嬉しいです/