バン

「キャンピングカー会社と長期契約」起業家兼ビデオプロデューサーのカッコ良すぎるバンライフ

投稿日:2017年1月6日 更新日:

このライフスタイル、カッコよすぎです。キャンピングカーやその他のグッズの企業と契約を結んで収入を得ているなんて理想の生活です。

好きなことが仕事になるとはまさにこういう生活のことですね。

ジュリアンはカナダをバンで旅して生活しながら、起業家兼ビデオプロデューサーとしてフルタイムで働いています

ビデオプロデューサーのバンライフ

バンでの生活は大きな費用がかかるわけではありませんが、かといってまったくの無料というわけにはいきません。どのようにしてバンを動く住居兼オフィスとして生活できるようにしたのかジュリアンが語ってくれます。

彼は30歳のときに自身が立ち上げたオンライン雑誌を売却して、そのお金で分譲マンションに投資しました。しかし、冒険の旅やサーフィンに出かける楽しさ、自由を求めてバンで旅するようになります。

ビデオプロデューサーのバンライフ

そこで二番目の事業として「Go-Van」というウェブサイトを立ち上げたのです。車の旅のことを記事にしたり、旅行に関する動画を投稿したりしています。

資金を得るために企業や観光庁向けに動画を作りました

キャンピングカーの企業と長期の契約を得ることで安定した旅ができるようになりました。

ビデオプロデューサーのバンライフ

動画の撮影に際しては、ひとりかふたりの専門家を雇います。そして彼らとともにバンで仕事をしながら暮らすのです。ひとりはベッドをシェアして、もう一人には外でテントをつかって寝てもらう生活です。

スマホをWifiのホットスポットとして使い、動画のデータを保存できるように大量のハードドライブを用意しています。車の発電機や、ソーラーパネルでそれらの電力をまかないます。

水もあるし、キッチンもある。不自由しない生活ですが、友だちや家族と離れることが唯一辛いことだとジュリアンは語ります。

運営サイト:GO VAN

公開されているムービーがどれもカッコいいです。

バンやタイニーハウスで生活する際に、障壁となるのは、「お金をどうやって稼ぐか」ということだと思います。ひとつのアイデアとして参考になれば幸いです。


 

クールなバン生活

-バン
-

執筆者:

関連記事

アパートからバン生活へ

「普通である必要はない」アパートからバン生活へと切り替えたダイバー

マット・サンダは商業ダイバー。西シアトルで暮らしていたころはアパートに月2,600ドル支払っていました。お金を節約する方法を考えてこのバンを買うことに。費用を一気に削減することができました。 Dyla …

「家で過ごす時間は少ないのにローンを払う?」バンを改装して生活する女性

マガリはピックアップトラックの荷台を改装して自分のタイニーハウスを作りました。 コマーシャルダイビングのコースに通うための家を借りて住んでいたのですが、受講期間がまだ残っている中で賃貸の契約が切れてし …

軍用トラックで生活する2人

「大切なものを選ぶために何かを捨てる」軍用トラックで生活するふたり

マーティンとベサニー。スタンドアップパドルボートレースを楽しんでかつては愛犬とも暮らしていました。犬が亡くなり新しい生活を進むことに。 ホテル住まいではなく、自分たちで自由に移動できる拠点を探しました …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

代替サービス・ツール
\フォローいただけると嬉しいです/