みんなのタイニーハウス

タイニーハウスの階段とはしご事情。デザインと実用性が大事!

投稿日:2016年12月14日 更新日:

タイニーハウスを作るにあたって重要になるのが「どうロフト空間を使うか」ということだと思います。そしてその肝になるのが「はしご」と「階段」です。

これらをどうするかによって部屋の雰囲気も大きく変わってきます。今回は様々なはしご・階段をご紹介いたします。

階段

定番の収納付き階段

タイニーハウスでもっとも定番のスタイルの階段ではないでしょうか?階段の下部に収納のスペースがあります。

詳細はこちら:http://tinyhouseswoon.com/
白基調のお洒落なトレーラーハウスです。

少しの違いでイメージが全然違う!

壁に取りつけるタイプだと全く印象が異なります。

詳細はこちら:http://tinyhouseswoon.com/

ゆるやかな階段でゆったり空間

場所をとる階段の角度をあえて緩やかにすることで、ゆったりとした雰囲気にしています。階段の下の空間を使えるのが魅力です!

詳細はこちら:http://tinyliving.com/
「洗練」という言葉がぴったりです!

スペースの有効活用

日本ではあまり見かけないですが、海外にはこのように両足にステップがついた階段(?)があります。階段よりもスペースを使わないので、タイニーハウスでの利用におすすめです。

詳細はこちら:http://thetinylife.com/
カウンター風のテーブルが魅力のハウス! NEW AVENUE

インテリアかと思ったら階段だった

足場を広く取ることでゆったりとした印象になります。螺旋状になっているので、デザインもとてもお洒落です。

詳細はこちら:http://www.idesignarch.com/
トレーラーハウスなんて信じられない!

階段風のはしご

お洒落すぎな螺旋状の階段

螺旋状にすることで、足場をつくり、階段風にしています。デザイン性だけでなく実用性も高いステップです。

詳細はこちら:http://tinyhouseswoon.com/
装飾やアイテムがお洒落です!

はしご

王道のはしご!

シンプル イズ ベストのはしごです。木製のはしごが部屋の雰囲気にマッチしています。

詳細はこちら:https://smallhousebliss.com/
家族で暮らせるタイニーハウスです!

お洒落すぎにも程がある

縦軸1本タイプのはしごです。このタイプは空間を圧迫しないため部屋が広く見えます。

詳細はこちら:http://www.fyi.tv/shows/
白基調のお洒落なトレーラーハウスです。

省スペースに効果抜群!

壁に足場を取り付けるタイプです。デザイン性抜群で、スペースの有効活用にも役立ちます。足を踏み外しやすいので登るときには注意が必要です。

詳細はこちら:http://www.uppervalleytinyhomes.com/
内装がシンプルでお洒落です。

棚と一体型タイプもあります。

本棚にはしごが取り付けられているタイプです。これを活用すれば、棚とセットで省スペースに繋がるかもしれません。

詳細はこちら:http://rebloggy.com/

まさかの上から!

なんと折りたたみのはしごです。省スペースには最高のアイテムですね。

詳細はこちら:http://house.ewoodys.com/

その他

はしごなんていらない!

ボルダリングのホールドがはしご代わりの子ども心と冒険心があふれるスタイルです。

詳細はこちら:http://www.livingbiginatinyhouse.com/
夫婦2人暮らしの様子がステキ!

まとめ

いかがでしょうか?タイニーハウスの階段やはしごはデザインとしても実用面としてもとても重要なポイントです。今回ご紹介したはしごや階段以外にも様々な形や色、デザインがありますので、たくさんのはしごを見て、イメージを膨らませて下さいね!


 

タイニーハウスの階段03

-みんなのタイニーハウス
-,

執筆者:

関連記事

リサイクルハウス

「傷や欠陥は素晴らしいもの」90%がリサイクルの家を作る男性

地元のリサイクル業者に頼まれたオフィスは90%がリサイクル、自分の家は80%がリサイクルという建物を作る男性のストーリーです。考え方に感銘を受けます。 「靴のような家を建てたいと思っていました」と語る …

セルフビルドのタイニーハウス

「生活の主導権を自分たちで決める」大草原に建てたタイニーハウス

ザックの家は、タイニーハウス作りのワークショップに協同する形で建設が始められました。ワークショップの題材として自分のタイニーハウス作りとコラボレーションする形をとったのです。 参加者たちは建設する過程 …

TAKUTAKUの提案したい暮らし

「タイニーハウスとは?」でお話したように、TAKUTAKUではタイニーハウスを「人生や暮らしにこだわったからこその選択」だと思っています。 そこで、TAKUTAKUではその「こだわり」が読者により伝わ …

24000ドルのタイニーハウス

8ヶ月かけ、2万4千ドルで手作りしたタイニーハウス

マークは自分のタイニーハウスを建築や大工仕事の経験ゼロから自分で作りました。完成までに8か月、かかった費用はトレーラーや家の建材、建築中の家を置いておく土地の使用料などトータルで24,000ドル(30 …