みんなのタイニーハウス

「自由に動き回ることができる」細部までカスタムされたタイニーハウス

投稿日:

ライアンの暮らすタイニーハウスはサイズが28.5フィートと少し大きめ。前方部分はV字になっていて風を防ぎます。1kwの大きなソーラーパネルを外に置き発電しています。バッテリー、インバーター、充電コントロールは車前面の収納スペースにあります。この家は車でひいて動かすこともできます。

家に踏み入れてまず感じるのが木の香りです。建材の木は自然の油で仕上げています。これが木の香りを保っています。

リビングにはソファと、クローゼットや引き出しなどのたっぷりの収納スペース。階段の部分も引き出し収納になっています。照明はLEDライト。テーブルは木製で、シンプルで非常に自然なものです。キッチンともすぐつながった開放的なつくりです。

キッチンにはIHコンロ、バイタミックスのミキサーに、まな板、深いシンク。シンクはハンマーで打って作った銅製のものです。メキシコの職人の手によって作られました。コンロのあるカウンタートップは松の木でできています。10年前に切り出されたものですが、丈夫で香りも良いです。非常に大きな冷蔵庫もあります。

バスルームはタイニーハウスにとってかなり大きなものです。コンポストトイレがあります。バスタブも大きくて、背の高いレポーターでも窮屈しないタイニーハウスのお風呂です。

バスルームにも銅製のシンクが備えられています。また壁はスキムストーンという、石こうに似たそれよりも少し薄いもので出来ています。そのため軽くなっています。接着剤を多く含ませているので、家を動かしたときにもひびが入らないようにしています。見た目も良いです。

二階が寝室になっています。開放感があって天窓が付いています。

なぜタイニーハウスで住むようになったのでしょうか。それは自由に動き回ることができるからです。山に登りそこで過ごすことができます。またその家を建てる技術を持っていたことも幸いしました。父と技術を持った大工と過ごした経験が14年ほどあります。この家は全体的に無駄なスペースなく空間をうまく活用しています。これも建築の専門家の友人がいたおかげです。

かなりカスタムメイドを行っているので16万ドルほどの費用がかかっています。良いものと、良い技術が随所に施されているので相応の価値があります。持続可能なシステムと職人による工芸がこの家にはあります。そしてもちろん移動する自由も。すでに何度も旅をしています。少し大きな家ですが、数を重ねることで移動のコツがわかって快適な旅ができています。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン

 

持続可能なタイニーハウス

-みんなのタイニーハウス
-

執筆者:

関連記事

セルフビルドしたタイニーハウス

「YouTubeで作り方を学んだ」初心者から始めた、タイニーハウスのセルフビルド

バンクーバーでタイニーハウスに暮らすローリーとローラ。青い外観が特徴的です。ここで暮らし始めて4か月半。家を建てるのに約1年かかりました。 Tiny House Giant Journey ふたりとも …

森の中のキャビン

「自然とのつながりを大事にしたい」人里離れた森の中のキャビンで暮らす男性

ワシントン州オリンピア。人里離れた森の中です。建材を運ぶのも大変で道中には川もあります。ジェイコブはそんな場所に家を建てました。彼はこれまで複数の家を建てていますが、このキャビンが初めて建てた家です。 …

オフグリッドキャビン

「現代社会は大切なものを簡単に忘れてしまう」山奥の隔絶した場所でオフグリッドキャビンに暮らす夫婦

フィオナとリチャードの夫妻はニュージーランドの山奥にあるバトンバレーで羊や牛を飼って農場をしています。 Living Big In A Tiny House この土地はもともとリチャードの祖父がバトン …

オフグリッドなエコライフ

「お金の必要でない生活をしたかった」7人大家族のオフグリッドライフ

この家族はなんと7人家族!森の中に広い土地を持って暮らしています。「お金の必要でない生活をする」という言葉どおり、自然の力を利用したり、自作したり、工夫することで生活に必要な全てを賄っています。 下記 …