タイニーハウス

ハンモックのロフトがあるタイニーハウス【25,000ドル】

投稿日:

オレゴン州ポートランドはアメリカにおいてタイニーハウスムーブメントの盛んなスポットです。今回はここで素晴らしいアイディアの詰まったタイニーハウスをご紹介します。

ホイットとコーディは友人同士です。二人はもともと土地を買ってツリーハウスを作りたいと思っていました。でも土地を買うには二人とも予算が足りなかったのです。そこで二人は協力し合って裏庭にタイニーハウスを作りました。

男友達同士の気の置けないリラックスしたスポットにするために二人でアイディアを出し合って作り上げたタイニーハウスです。

二人は協力しながらこのタイニーハウスを自分たちで建てました。リサイクルの材料を活用しながら床のタイルのひとつひとつまで手作業で作りました。キッチンや家具からタイニーハウスを載せているトレーラーも含めて、すべての費用は25,000ドル以下におさえることができました。

このタイニーハウスに入ってまず目を引くのは、一階部分の天井に大きなネットをはって巨大なハンモックのように作ってあるロフトです。

二階部分の床に相当するところをネットにすることによって、建物全体に光をとりいれることができ、視覚的にも一階から高い天井が見えて家全体が広く感じられます。荷物を置くこともできるし、布団を用意すればベッドルームのスペースとしても使えます。

壁で仕切られていない広々としたスペースなので、たとえばこれからAirbnbなどに出して4人くらいの宿泊客であればロフトスペースに泊めることができます。

二人はこの家を作るプロジェクトを”S’more(焼マシュマロ) life”と呼んでいました。外壁に使った杉材が、安い規格外品であったり端材であったりして木の節がたくさん見えるものを使っていて、その黒や茶色に見えるスポットがキャンプファイヤーで焼いたマシュマロを思い起こさせるからです。

この家は実際に二人が引っ越して生活する為というよりも、そこで休んだり何日か泊まったりしてリラックスするために建てられました。まさに男の子が友達同士で作る秘密基地のようなタイニーハウスです。

今回の動画のYouTubeチャンネル→Living Big In A Tiny House
TAKUTAKUはLiving Big In A Tiny Houseのパトロンです。(→パトロン

 

ハンモックロフトのタイニーハウス

-タイニーハウス
-

執筆者:

関連記事

持続可能なタイニーハウス

「自由に動き回ることができる」細部までカスタムされたタイニーハウス

Living Big In A Tiny House ライアンの暮らすタイニーハウスはサイズが28.5フィートと少し大きめ。前方部分はV字になっていて風を防ぎます。1kwの大きなソーラーパネルを外に置 …

オフグリッドキャビン

「現代社会は大切なものを簡単に忘れてしまう」山奥の隔絶した場所でオフグリッドキャビンに暮らす夫婦

フィオナとリチャードの夫妻はニュージーランドの山奥にあるバトンバレーで羊や牛を飼って農場をしています。 Living Big In A Tiny House この土地はもともとリチャードの祖父がバトン …

フローティングタイニーハウス

「完全な自給自足のオフグリッド生活を作る」水上のタイニーハウスで暮らす夫婦

クリスとカリーナ夫妻はニュージーランド、オークランドの都会での生活にストレスを感じており、長年もっと静かなところに引っ越すことを夢見てきました。 そしてある時、郊外に土地を買ってそこを自分たちの手で整 …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

\フォローいただけると嬉しいです/