バン

「車への移行は最高の選択」バンド活動と仕事をしながらバン生活を送るカップル

投稿日:

タイラーとサラのカップルはカナダのバンクーバーで、車生活を2年続けています。年間の家賃が18,000ドルにもおよび、もっと節約できないかと考えた末に今の生活に行きつきました。生活費の大半が家賃に使われるのはもったいないと考えたのです。車への移行は最高の選択だったと思います。

キッチンがあって、ベッドルームがあって、テレビにプレステ4、ストーブに収納スペースもある。快適な生活です。週末には荷物をまとめる手間もなく旅行や音楽フェスへ出かけることもできます。

この車はCraigslistで4,000ドルで買いました。中のものを一度全部取り出して、内装を白く塗装。ずいぶんと見た目が良くなりました。

この生活への移行で苦労したことはほとんどありませんが、トイレの使い方だけ最初は抵抗がありました。ためておいて後で処理するというのは少し慣れが必要でした。

二人はドラマーとしてそれぞれ別のバンドで活躍しています。ほかに仕事としてタイラーはインテリアデザイン事務所、サラはコーヒーショップで働いています。一緒に暮らしている二匹の犬は平日はタイラーの仕事場へ一緒についていきます。

この生活を始めるにあたってモノをたくさん処分しました。ひとつ恋しいのはかつて家で使っていた電子ドラムです。今はスタジオに音楽機材を置いています。

この生活スタイルが万人向けとは思いませんが試す価値はあるはずです。実際にタイニーハウスで暮らす人はたくさんいます。試してみることで無駄のない生活を送ることができるようになるかもしれません。

翻訳協力者:Aki
今回の動画のYouTubeチャンネル→Exploring Alternatives
TAKUTAKUはExploring Alternativesのパトロンです。(→パトロン

 

バンライフを送るカップル

-バン
-

執筆者:

関連記事

バン生活する女性

「5年働いて1年のオフの期間をつくる」バンで暮らし、自由を追求する女性

バンの中で生活暮らす生活を3年間続けている女性のL.J.。 Exploring Alternatives バンで生活する理由の一つはお金の節約。しかしそれ以上に大きな理由は自由です。ひとつの場所に決め …

リモートワークで働くカップル

「穏やかで心落ち着く場所で過ごす」バンで生活しながらリモートワークする元教師・映像関係のカップル

バンに住んでいる人たちをイメージすると、少しの間のお試しの生活をしている人が多いように見えます。1、2年バンに住んだ後は元の家に戻り、普通の生活をするのです。それもまた良いでしょう。 しかしアルマンド …

バンで旅する電気工事士

「サーフィンに没頭する時間を作る」バンで旅しながら働く電気工事士

ジョニーがバンでの生活を始めてから1年半ほどになります。この生活を始めようと思った主な理由は、家賃の高さと趣味に集中したいということでした。 Living Big In A Tiny House 家を …

\いいね頂けると嬉しいです/

スポンサーリンク

物件・土地募集
\フォローいただけると嬉しいです/